スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生物多様性トークショー@円山ZOOを聴いて その②

おクスリのせいでぼーっとしています。

さて、生物多様性トークショーの日は気持ちの良いお天気でした。

hinomarunosu201010051.jpg

ナナコナツさん。すごいお色気ですね。

ぱしゃぱしゃ撮っていると、のののーん、とこちらに向かってきたかと思いきや柵外の草をはみはみしだしました。

hinomarunosu0510201002.jpg

これがまあなんとも無防備な姿勢なのです。前足にご注目。

hinomarunosu0510201003.jpg

ヒキで撮れば全体像をお見せできたのですが、気づいたらヒトがどっさり。

しばらくしたら、ナナコナツさんはおやつタイムを終えて行ってしまいました。

hinomarunosu0510201004.jpg

素晴らしいうなじです。同じメスとして見習うべきですね。

生物多様性トークショー会場。

hinomarunosu0510201005.jpg

わたくしは目も悪いので、とくにスライドなどがあるときは前のほうで聴きたい!ということで30分前に会場入り。

撮影のことも考えて・・・とうろうろしておりましたら、ここからだといいんじゃありません?

と先に座っていらしたご婦人がわたしたち2人に席をゆずってくださいました。

ありがとうございます。

やはり円山動物園ファンの方で、貴重なお写真を見せてくださいましたよ。

hinomarunosu0510201006.jpg

旭山動物園 園長、坂東氏。

テレビなどでご覧になった方も多いかと思います。

獣医師でいらっしゃる坂東園長、ついさっきまで動物園で仕事をし、抜け出してきたかのようないでたち。

ソックスイン!

hinomarunosu0510201007.jpg

ハンサムサンタさんです。

もとい円山動物園 園長 酒井氏。

個人的にはサンタさんにつづいて後鳥羽上皇のコスプレをしていただきたいものです。

hinomarunosu0510201008.jpg

環境省北海道なんたらかんたら ほにゃらら自然保護企画官 坂本氏。

この日一番の癒し系。

会場に優しく問いかけるあの声からはα波が出ているにちがいない。

hinomarunosu0510201009.jpg

ストイックな坂東園長そのものといったスタンス。

hinomarunosu0510201010.jpg

円山動物園もアカデミックな機関との連携による今後の進化が期待されます。

hinomarunosu0510201012.jpg

ロハスナイト、昨年にKIKUさんと一度、雪丸さんと一度の2回参加しました。

面白い催し物ですが、動物園に利益が出ているのかどうかはちょっと心配に。

hinomarunosu0510201013.jpg

hinomarunosu0510201014.jpg

hinomarunosu0510201015.jpg

hinomarunosu0510201019.jpg

種の絶滅速度のグラフにご注目。

hinomarunosu0510201020.jpg

爬虫類・両生類のパーセンテージの高さにご注目。

とくに両性類は生態系の食物連鎖の中間に位置しており、彼らの減少はその種の絶滅だけでなく、私たちにも大きな影響を及ぼしますね。

環境変化に敏感な彼らは地球環境のバロメーターというわけです。

hinomarunosu0510201021.jpg

hinomarunosu0510201022.jpg

hinomarunosu0510201023_20101005124109.jpg


マレーシア国サバ州。上空からの写真ですが、緑もりもりでしょう。

でもね、おかしなすじすじがありますね。

森のもりもりじゃあないんです。

パーム油をわんさか採るための、プランテーションです。

hinomarunosu0510201024.jpg

それはどんどん拡大しており、オランウータンやゾウが棲息するジャングルはたったこれだけ。

hinomarunosu0510201025.jpg

どんどん行動範囲を狭められた彼らは畑に出没、畑を守るためにヒトは罠をかけ、時には身の危険を感じオランウータンを殺します。

hinomarunosu0510201027.jpg

罠で傷ついた仔ゾウ。足が腐り始めている、と坂東園長。

hinomarunosu0510201026.jpg

母親を殺され、仕方なく身を寄せ合うオランウータンの仔ら。

hinomarunosu0510201034.jpg

右のトラックはアブラヤシを積んでいます。

見づらいですが、左に、ぎりぎりのところまで出てきて草を食むゾウの群れ。

生活の場を失った彼らはしかたなく畑へ出てくるというのに、先進国にがんがん売れるパーム油の取れるアブラヤシを食い荒らす「害獣」として扱われるケースが増えつつあるのですね。

さて、私が注目する恩返しプロジェクトとはどんなものか。

これは、マレーシア連邦のサバ州政府、ボルネオ保全トラスト、ボルネオ保全トラストジャパンが立ち上げたものです。

ボルネオ保全トラストジャパンの理事をしている坂東園長は、寄付型飲料水自動販売機を園内その他数十箇所に設置することを具体化していき、集まった資金でプランテーションに進入したボルネオゾウを確保しジャングルに戻すための移動用の檻を制作し、先日その第1号檻が現地に寄贈されました。

hinomarunosu0510201032.jpg

寄贈されただけでなく、実際にゾウを確保、無事にジャングルへ戻すこともできたそうです。

hinomarunosu0510201036.jpg

ONGAESHI というプレートがついていますね。

坂東園長曰く、英語だとしっくりくる言葉がなく、それならいっそONGAESHIが英語になっちゃえばいい、とのこと。

TSUNAMIとかTOFUとかFUTONみたいになる日が来るといいですね。

さてこの寄付型自動販売機、北海道はもちろん本州にも設置され始めています。

ONGAESHIlogo.jpg

このマークがついていたら、どうぞ利用してください。

ボルネオの熱帯雨林は伐採されまくって、日本にも大量に輸入されているのですから。

とくにアブラヤシから採るパーム油は、カップラーメン、ポテトチップスなどのスナック、揚げ油、冷凍食品、洗剤等に使用され、日本人一人当たり年間3.8kgを消費している計算になります。


なんか、すごく長くなってるのでいったんやめます。

ちゃんちゃん!

ボルネオ保全トラストジャパン

200円で畳1枚分の森がプレゼントできます。

1200円で10㎡の森をオランウータンやボルネオゾウのために購入することができます。

郵便振替口座
加入者名 ボルネオ緑の回廊基金
口座番号 00160-9-595712


にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村「野生動物復元プロジェクト」を応援!
求むサポーター
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。