できることからやればいい

生物多様性という言葉、誰もが見聞きしたことがあると思います。

今年は国連が定めた「国際生物多様性年」ということもあって、各地各施設でイベント、講演、などが行われていますね。

昨日は、円山動物園で午後から生物多様性トークショー「地球のいのち、つないでいこう」が開催。

旭山動物園 坂東元園長 、円山動物園 酒井裕司園長、環境省北海道地方環境事務所  統括自然保護企画官 坂本 真一 氏、司会のエコライフジャーナリスト 林 美香子 氏が出演。

ゆきゆきちゃんと一緒に事前申し込みをし、行ってきました。

その内容はまた改めて書くとして、以前から注目していた坂東園長の恩返しプロジェクトに通じる過去日記を・・・。

某ミクシィのほうに、2007年2月に書いた日記です。

___________________________________________________

悲しい物語

2年前(2005年)くらいから家で使う石鹸を手作りしている。

マイミクのゆきゆきちゃんが、とってもいい香りの手作り石鹸を上手に完成させていて感激。

私は香りをつけたことがないので、今度は好きなEOを使ってみようかな・・・と家にある材料の在庫を調べ、足りないものを買いに行ったところ。

「soapers soap」という本がありぱらぱらめくると、オールカラーだしなによりリバッチ石鹸と廃油での作り方、それにリキッドソープの作り方も掲載されていたので買ってしまった。

前からチビた石鹸をどうにかしたいと思っていたのでリバッチ石鹸の作り方を見るととても簡単。

それに揚げ物をした後の油を捨てるのがどうしてもいやだったこともあってこれからは廃油は石鹸に変えることに。 (この頃はまだおうちで揚げ物していたのね・・・)

ルンルンで石鹸を作ろうと思った矢先、その本の中のコラムに愕然。

植物オイルで作られている石鹸や洗剤。

材料の一つ、パームオイルの原料はアブラヤシ。
「野焼き」っていう森林火災をヒトが起こして作られるだなんて!

日本人の私たちが健康に良いとか地球に優しいなどと言って植物オイルの石鹸や洗剤といった製品を必要とすればするだけ、その原料を生産しているインドネシアでは毎年森を焼いているんだそうだ。(ある年には東京都の面積の5~6倍の森を焼いた!!!)

なにげなく買っていたオイルだけどこんな悲しい話があったとは。

石鹸は水を汚さないから・・・とか思っていたけれど森を消していたんだ・・・。

ショック。

2007年02月21日10:40
___________________________________________________


森を消すってことは、そこに棲息する生物をどんどん追い詰めていくということ。

石鹸のみならず、化粧品、洗剤、カップラーメン、スナック菓子とパーム油のお世話になっていないヒトは殆どいないでしょう。

坂東園長は、ここにいるひとりひとりが、オランウータン(またはその他)の動物の首を日々、真綿で締めている、と表現されていました。

じゃあ、どうするか。

上に挙げた全部をあきらめての生活は無理でしょう。

パーム油以外にも、ガソリン車やクーラー、灯油ストーブその他もろもろ、なにもかもをナシにはできないし、

そこまで窮屈なことをする必要はない。

それを言っちゃうと、結局はヒトがいなくなるのが一番、ってことになってしまう。

でも、まずはひとつだけなら我慢できるかも。

そんな意識を持つことから、自然の恩恵を受けつづけて(場合によっちゃあ仇で返しちゃってる)私たちの恩返しは始められそうではないですか。

ちなみに坂東園長は無類のカップラーメン好きですが、食べるのをやめられたそうです。

でもこないだ一個だけ食べてしまったみたいです。

実は私も2年前くらいから好物のカップラーメンを食べるのをやめました。

(最近になって、大好物のスナック菓子もほとんど食べなくなりました。むしりたらとかむしりこまいばかり食べています)

ものすごく好きだったんですけれどね。

パーム油のこともほんのちょっとだけ考えていましたけれども、なにより最後は食べられて死にたいじゃあありませんか。

ケミカルなバディじゃあだめでしょう。

ああ・・・まじめなことを書こうと思ったのにもう悪いクセが出てきました。

トークショー本編については、またあとで。

ちゃんちゃん!

sakaiencyo20101002.jpg

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村「野生動物復元プロジェクト」を応援!
スポンサーサイト