さよならを告げに

こうも暑いとただでさえアレなお脳が沸いてしまいそう。

20100817w_20100818104104.jpg

メッカ円山動物園は、夏休みということもあり閉演間際でも賑わっています。

孔雀がその見事な扇子をさわわわわわ、と揺らしてメスにアピールしていました。

20100817p.jpg

アラブの石油王のお嫁さんになったら、孔雀をお庭で放し飼いが夢でしたが、夢に終わりそうです。


みじんたりとも反応しない孔雀のメスを見ていたら、真夏の妄想が始まりました。


くじゃまる : 見てくれるか! なあ 見てくれるか!

20100817p02.jpg

くじゃ子 : アタシ、あなたの羽は好きよ  でもね・・・自分のことはもっと好き

くじゃまる : ・・・・そ

20100817p03.jpg


しばしニヤニヤしていたら、背後から

いい写真は撮れましたか?

と。

振り向けば、利発そうな美少女が。

子供の年ってまるでわからない乱子ですが、10歳とかそのくらいなんでしょうか。

くじゃまるはすでに扇子をぴたりと閉じていました。

きれいだったね と美少女に言うと

着た時にはもう閉じてしまっていたので!

と残念そうなので液晶モニターで見せてあげました。

彼女は物怖じすることなく、くじゃくや鶏、ウサギについて私にいろいろと教えてくれ、

ウサギをひょいと持ち上げると、

カメラ、私が持っていますから、抱っこしますか?

と。

重たいけど、じゃあお願いね とカメラを預け、久しぶりにウサギを抱っこしました。

話によれば、彼女のお父さんはフィリピーノで、牧場をやっているそうです。

久しぶりにフィリピンからお父さんが帰ってきたらしく、家族で動物園に来たのだな、というところまでわかりました。

私は、日本育ちなんで!

という彼女の日本語は本当に美しくて、いいオトナなのにぼそぼそとしか話せない自分がなんだか恥ずかしくなってきました。

ほどなくして、彼女のお母さんがやってくると、私を見てにっこり。

これまた名前忘れたけど、テレビに出ている女のヒトにそっくりなかわいこさん。

美人にめっぽう弱い乱子はでれでれにやつきながら

お話聞かせてもらってました ともぞもぞ申し上げました。

それにしても感じの良い母娘です。

もう少しこの素敵なヒトたちとお話していたかったのですが、今日は彼らの展示が最後の日。

明日には遠い海の向こうへ旅立ってしまいます。

美少女に

わたし、そろそろ爬虫類の館に行くね と別れを告げましたら

いってらっしゃいー!!

とお見送りしてくれました。最後まで完璧な美少女です。

さて。

コモドたちのお別れ会には残念ながらピッコロトランスフォーマーで駆けつけることができませんでしたが、

その様子はKIKUさんから見せていただけました。

てっきりその後もう彼らに会えないのかと思っていたら、展示はまだ続いていたのですね。

展示最終日に間に合ってよかった。

こんな具合に木の下で寝そべっているものだから、最初はコナンくんしかいないのかと思っていました。

やっぱり女の子は旅支度に時間がかかるということで、早めに楽屋に戻っていたのかと。

20100817kd.jpg

コナン君もじっとしていたのですが、突如として激しい動きを見せてくれました。

20100817kd2.jpg

このなんともいえず愛らしいくねくね歩きも見納めです。

寂しいったらありゃしない。

帰れコールが鳴り響きだしたので、泣く泣くお暇いたしました。

20100817bn.jpg

20100817h.jpg

それにしても、暑い。

20100817ykw.jpg

今日もガリガリ君(ソーダ味)を2本一気食いしました。







スポンサーサイト