スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひのまるの成分

P4020140.jpg


成分解析 on WEB というのをご存知ですか?

名前などを入力すると成分解析してくれます。

「ひのまる」の解析結果はこのとおり。

ひのまるの78%は嘘で出来ています

ひのまるの7%は歌で出来ています

ひのまるの6%は心の壁で出来ています

ひのまるの6%は理論で出来ています

ひのまるの3%はミスリルで出来ています

78%の嘘・・・。

6%の心の壁・・・。

ちなみに3%の「ミスリル」はフリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』の説明によると・・・

~ミスリル(Mithril)は、J・R・R・トールキンの小説『指輪物語』及び『シルマリルの物語』の世界に出てくる架空の金属である。

シンダール語で、mithは灰色を、rilは、輝きを意味する。すなわち「灰色の輝き」である。硬度は鉄より勝り、銀色の輝きを持つ金属とされ、「まことの銀」とも呼ばれる。

『指輪物語』の影響を受けて後に出てきたファンタジー小説やRPGなどでも良く使われている。例えば、人気RPGのファイナルファンタジーシリーズでは、剣や鎧、籠手、ピアス、果てはベルトなどの素材としてミスリルが多用されている。

現実世界でミスリルの元になった金属として、一説にはある錬金術師が精錬したアルミニウムが挙げられている。

当時、電気も無いようなその時代にアルミニウムを精錬する事は、まさしく奇跡と呼ばれるにふさわしいものだった。

そうして作られたその銀色の金属は軽く、そして錆びる事が無かった事から、錬金術師の間で「魔法の銀」と呼ばれるに至ったのである~

ということです。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。