名前が決まったそうですよ

創作活動にでも励もうかと道具をいろいろと用意していたら、テレビから麗しい乙女声できりんのお嫁さんの名前が決まった、と報せていた。

新しい名前にはさほど興味がなかったものの、なんとなくテレビを眺めたら、

ナナコ」という文字が確認できた。

あはは。

きりんでナナコってセヴンイレヴンかよ、って1人でつっこんでみたら、本当にそういうことであったらしくて笑ってしまった。

そうか。お金のにほひがするそういう大人の事情というものがあったのであれば、いたしかたないですな。

北の大地に来たからには、生まれ変わって北の大地の女になってもらいますよ、的なことよりはマシか。

本来アカデミックな場所である動物園に商業的なにほひが色濃くなることにちょっとなんだかなー、と思わなくはないけれど、それでナナコやらユウマやら、たくさんの貴重な動物たちを取り巻く環境その他が向上するのであればよしとしましょう、と思った次第。

とかいいながらずいぶんとなんとかナイトだのなんとかバッヂだのやっていたじゃないの、という声には相変わらず耳をふさぎます。

それから、よしとしましょう、と言っておきながら、お嫁さんのことはこれからも「小夏」と呼んじゃうけど。

でもオトナゲないから「ナナコナツ」くらいにしておこうかな。


スポンサーサイト