スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨウスコウワニベーベ 16匹誕生ですよ

ブラボー動物園円山では、とうとうヨウスコウワニのベーベが無事に孵化しましたね。

先月のオトナの一日飼育体験では、ずらりと並んだ卵を見せていただいていたので、とてもとても気になっていました。

良かった良かった。

yousukouwani2009071501.jpg

※写真は北海道新聞からお借りいたしました。

以下 7月14日の道新WEB 記事より

札幌市円山動物園は、ワシントン条約で保護を定められた希少動物ヨウスコウワニの2年連続3度目の繁殖に成功したと発表した。過去2回を大幅に上回る16匹が誕生し、担当者は「独自の繁殖技術を確立できたと思う」と自信を深めている。

 親は1994年に中国から譲り受けた23歳のつがい。2001年に国内で初めて3匹、昨年も1匹を繁殖した。今回は4月下旬に21個の卵が確認され、6月下旬から今月1日までに、人工ふ化器で16個がかえった。現在は体長20センチ、体重30グラムで、餌のコオロギを食べ順調に成長している。

 ヨウスコウワニは中国揚子江流域に生息する体長約1・5メートルの小型のワニ。環境破壊や乱獲などで近年、生息数が激減している。繁殖には生活環境の急激な変化が必要で、同園は4カ月絶食させるなど食事量を調節することで、繁殖本能を刺激する方法を取っている。

 早ければ今週中に一般公開する予定。飼育員の本田直也さん(33)は「これだけ多くの赤ちゃんが見られるのは貴重なので、見に来てほしい」と話した。(佐々木馨斗)


2001年に人工飼育下での繁殖に国内で初めて成功させて、3匹、そして昨年もまた1匹、なんと今回は、16匹ですよ。

これでまた本田さまのお名前が世界中に轟きますよ。

早ければ今週中に公開ですって。
皆様ぜひ見に参りましょう!!!!

先日の本田さまは、展示ブースの手すりに腰掛けて慣れた様子でモデルさんか女優さんかのような美女2人をはべらせていたのですが、

目玉も耳も(あとその他いろいろも)悪い私は、そんなことに気づかずにコモドさんのもとへ歩いていって、けっこう近寄ってからその状況に気づき・・・。

ぼそ、っとご挨拶したものの、美女たちに気後れしてずりずりと怪しく後退。

途中、イグアナに見とれてしまい逃げ遅れましたけれど。

いやあ、ほんとにこんなすごい方(いろんな意味で)だと知っていたら、オトナの一日飼育体験のときに

★★の時はどうやってますか、とか★★★られるのと★★★るのとではどちらがいいですか、などを根掘り葉掘り聞いておくんだったわ。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。