スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォーラムに行きました 稚児隼は小さい 本田さまはスリム トビのあんよは青でした

家出前日、あっぱれ動物園円山は動物科学館ホールにて開催されたフォーラムを聴きに行きました。

フォーラムは、名物本田さまも発表なさると、爬虫類ブログにて知り、私よりもずっとずっと前から氏のブログの愛読者 トリトモ Kikuさん にお知らせせねばとメール差し上げたのでした。

私は髪切屋に行く用事があって、フォーラム開催時間ギリギリもしくは遅れての到着の予定でしたが、思いのほか早く済み、余裕を持って円山動物園に到着。

Kikuさんと久しぶりの再会にニヤニヤしつつホールへ。

会場はまだ準備中でしたが、せっかくだから前のほうで聴きましょうと最前列を確保。

最近めっぽう目玉の調子が悪いわたくしには嬉しかったです。

フォーラムの詳細レポは Kikuさん が丁寧にUPされいます。

チゴハヤブサが思いのほか小さいということや

chigohayabusa01.jpg

ほぼ毎年巣立ち雛が持ち込まれるということに驚きました。

chigohayabusa02.jpg

野生に返すために何を優先して何を省くか・・・限られた時間の中でもっとも合理的に訓練していくプロセスは実に興味深かったです。

その他、本田さまのシャツがしわくちゃだな、とか足が細いな、とか靴がお洒落だけどトリッペンかなカンペールかな、そういえばこないだはモデルか女優さんみたいな美女2人をはべらせていたな・・・など学術的な視点からチェックしたり、にやついてみたり。

chigohayabusa04.jpg

ウトナイ湖野生鳥獣保護センターの加藤智子さんの

白鳥に肋骨を折られる」話には度肝を抜かれました。

トニーじゃないけど、抜かれるなら、度肝がいいよね。

黒沢信道氏の『羅網死(らもうし)が疑われたハイイロミズナギドリの解剖例』では、

解剖は覚えてしまえば簡単ですから皆さんもぜひ」との言葉に

少し動揺。

症例報告会の後は、トビのビリーがまだ飛んでいたのでふらりと寄りました。

ニューフェイスの彼女はチャーミング!

tobi2009071101.jpg

さすがKikuさん、慣れていらっしゃる。

こうやって高くかかげると素敵なのですね。

tobi2009071106.jpg

フリーフライト体験が終了すると、吉田飼育技師さんは

「充分だな!」 と一言。

私はてっきり、お客さまへのパフォーマンスが満足いくものだったのだと思って笑ってしまったのです。

すると

「や、ちがうちがう、トビが腹いっぱい食べてもう充分だな、ってこと!」

と吉田さん。

その後丁寧に熱心に説明していただきました。

yoshidasan2009071109_20090714113221.jpg

そしたらね、初めて気づいたのですが、トビってあんよやくちばしがブルー!

tobi2009071104.jpg

tobi2009071105.jpg

綺麗だなー。

最後はにょろ達を見ねばと爬虫類の館へ。

hebi2009071106.jpg

ヘビ、って書いてある・・・。

やっぱり面白いね、円山ずぅ。

※吉田さんのブログもほっこりした気分にさせてくれてお気に入りです。
特にこの時

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。