スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上野動物園

6月19日、午前5時59分の空港行きバスに乗りました。

フライトは午前7時30分千歳発。

早い。

それでも緊張のせいか、ナチュラルハイ状態でバスの中でも眠れませんでした。

ハイのまま、エスカレーターでぱしゃ。

hinomarunosu2009061901.jpg

曇り空だけど、まずまずの天気。

hinomarunosu2009061902.jpg


前日入りするのはやはりせっかく行くなら観光したいから。

食欲はなかったけれど、一日中動くことになるだろうからと、朝食を摂ることに。

hinomarunosu2009061903.jpg

9時くらいに羽田に着き、モノレールで浜松町まで行ってロッカーに荷物を預け、すぐさま山手線で上野に直行。

昨年に続き、やはりここに来てしまいました。

hinomarunosu2009061904.jpg

昨年の看板は国際カエル年ということで爬虫類だったけれど、今年は鳥たちと白クマ。

hinomarunosu2009061905.jpg

今年はゴリラの年でした。

まずは日本の鳥たちから観察。
こんな展示の仕方も良いですね。
hinomarunosu2009061906.jpg

動画でどうぞ。




こんなに近くで撮影しているのに、逃げません。

それから、シロハラクイナの抜き足差し足忍び足も動画でどうぞ。




今回は、荷物もたくさんということで、コンパクトデジタルカメラしか持って行かなかったのです。
なので手をにゅーっと近づけて鳥を撮影。

でもオナガも逃げない。

hinomarunosu2009061908.jpg

ヒヨちゃんはもちろん逃げません。すごい至近距離です。

hinomarunosu2009061909.jpg

動画でどうぞ。

北の大地が誇る円山動物園にはいなくなってしまったゾウも、ここには何頭もいます。
hinomarunosu2009061910.jpg

ゾウの目って本当に知的でうっとりします。
ほどなくして飼育技師さんが登場。
動物と飼育技師さんがそろうと本当に嬉しい。
そしてとってもかわいい場面を撮ることができました。

動画でどうぞ。




たまたま動画モードにしていたから良かったものの、こんなパフォーマンスが出来るなら仰って!!

鳥といいゾウといい、今回は運がいいなーと思いつつバクのところへ。すると。

やはりすごい場面に出くわしました。
バク、爆走。バクってこんなに動くのね。
そしてそれを冷静に見つめるラマが好き。




楽しい。

本当に今日は運がいいなーとうひょうひょしてぷらぷら歩いていると、ガイドの方に声をかけられました。

「ゴリラのビデオ、見て行ってください」と。

ゴリラの年ということで、歴代のゴリラの写真展示や、モモコの産んだモモタロウのビデオ上映が、ささやかに行われていたのです。

お客さまはだーれもおらず、ガイドさんもさびしそう。
生動物のほうが興味があるけれど、かわいそうになって入ることに。

私が釘付けになったのはこちら。

hinomarunosu2009061911.jpg

絵手紙作家の竹内伸子さんのゴリラの絵手紙がずらり。
ゴリラの「背中」にほれ込んだという彼女。
素晴らしい作品です。

takeuchinobuko01.jpg
takeuchinobuko02.jpg
takeuchinobuko04.jpg
takeuchinobuko03.jpg

いいぞいいぞーと絵を見ていると、誰もいなかった部屋にぞろぞろとお客が。

閑散としていたお店に入ると、なぜか混み始めるのには慣れているけれど。

ずいぶん昔にあるれいけんあらたかな方に言われたんだけれど、私は「ヒトを招きやすい」そうな。

商売をやっているヒトのところで私が働くと、そのお店は必ず繁盛するけれど、自分が商売すると必ず失敗する、とのこと。

ちっ。

意味ねぇな。

ちなみに私と母が揃うと、お店の人が不思議がるくらいに混むことが。


それはさておき。

このお部屋にはおもしろいゴリラ募金箱がありました。

動画でどうぞ。




楽しくて何度もやりました。

充分楽しんだので、またあてもなくぷらぷら歩くと、記念撮影スポット発見。

迷わずのぼろうとしたら、記念撮影用なのでのぼらないでください という注意書きが。

ふん。

hinomarunosu2009061912_20100309132923.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。