ひのまる、慣れる

1週間が過ぎた。

ひのまるは新しい部屋にも慣れて、元気に飛び回っている。

朝は、布団をもぞもぞやると、待ってました、と言わんばかりに「ぴゅいー!!」と鳴く。

カバーを外してケージから出してやると朝のさえずり(おしゃべり)が始まる。

応答しないと口元に寄ってきて「喋れ」と催促。

「ひのまるちゃん、ひのまるちゃん」

「おり、おりこーさん」

「うきょきょきょきょきょ」

これにいちいち反応してやる。

そして一旦肩なり手の上を離れてどこかに止まるが、ちろっと振り返り呼ばれるのを待つ。

「ひのまる、おいで」というとハタハタと飛んでくる。

「ひのまる、おりこーさん」と褒めてやると「おりこーしゃん」と自分でも言う。

手にとまった瞬間に自ら「おりこーしゃん」と言う時も。

そしてまたちょっと離れたところまで飛んで、呼ばれるのを待つ。

呼ぶ。来る。褒められる。

この繰り返しを何度もやる。

ひのまるにはこれが楽しい遊びになっているようだ。

スポンサーサイト