よもぎ、低いところ練習

よもぎは、低いところにいることができません。

いや、ケージの中でなら、ここ最近になってやっと、糞きり網の上を歩くことができるように。

やっぱり本能で、低いところは危険!!ってわかっているからなのでしょうか。

そんなよもぎ、しをんそうに低いところに置いていかれました。

よもぎは噛みグセが治らないので、先生に相談したところ「ケージ越しでのコミュニケーション」でしばらくは我慢、ということになっており、放鳥はしていません。

ですが、よもぎがケージにいると、中のお掃除ができない・・・。

特にステンレスのフラットパーチはくちばしをぬぐったりするのでできるだけこまめに消毒したい。

というわけで、お掃除の間だけ、待っててスタンドなどにとまらせるのですが・・・。


よもぎ : 低い!!!!床と変わらん!!!けしからん!!!


hinomarunosu2009021302.jpg

よもぎ:なんとか・・・ケージまで・・・

hinomarunosu2009021313.jpg

おもちゃの箱の上を歩いてケージに戻れないものかと恐る恐る・・・でもやっぱり戻ってきてしまうよもぎ。

絶対に床の上には降りません。

そしてついに、こんなラブリーな顔でしをんそうに助けを求めてしまったよもぎ様。

hinomarunosu2009021304.jpg

絶対に噛まれる・・・そうわかりながらも腕を差し出した私。

よもぎはのっそりと片方のあんよを私の腕に乗せ・・・次にもう片方のあんよを乗せ・・・

落ち着いたところでやはりひと噛み。

噛むたびに夫がものすごく怖い声で「ダメだよ!!痛い!!!」と教えた甲斐があったのか、以前よりは弱めに噛むようになりました。

よもぎ : おのれ しをんそうめ この借りはいつかきっと返すからな

hinomarunosu2009021305.jpg

歯軋りするよもぎ様のことなどつゆ知らず、ひのまるとくっつきーを楽しむしをんそう。

hinomarunosu2009021301.jpg

いつの日かよもぎ様とも、こんな風にくっつきー、ができるのでしょうか。

答え : できたとしても、流血沙汰。
スポンサーサイト