よもぎ様、パニック

昨日の明け方に、よもぎ様がパニックをおこしました。

パニックと言っても、大暴れというわけではなく、何かに怯え、その動揺を抑えようとするかのごとく

せっかく厚手になってきたお洋服を脱いでいたのです・・・・

小さな物音に目覚めて、1回目に見に行った時にはメガネをしておらず、ケージの下のほうの

散乱したお洋服には気づきませんでした。

よもぎ様は小さく「オハヨー」と言い、じーっとこちらを見ている様子。

いつも寝ている定位置にいたこともあり、寝室へ戻りました。

でも、また小さく物音が。

今度は廊下の電気もつけて様子を見ると・・・

赤い尾羽を含めたお洋服がいっぱいにちらばっている!

びっくりして声をかけるも、よもぎ様は私の目の前でお洋服をちぎりだしました。

「おっかいこと(怖いこと)あったの?だいじょうぶだよ。おっかかったの?」と声をかけつづけると

なんとよもぎ様、

「なでて」のポーズ

ぴったりとケージに頭をくっつけて・・・。

恐る恐るなでてみると、頭を回転させて、気持ち良さそうに目まで閉じました・・・

これは一大事!!!!

よもぎ様が私になでさせるなんて、よっぽど怖い思いをしたに違いない。

こんな時こそ、これの出番ではないかと、シリコンスプーンに多めにたらして、差し出してみました。

hinomarunosu2009011403.jpg

シリコーンスプーンをしばらくカジカジしたため、だいぶレメディも舐めたことになるのでしょう、

それまでは

「しをんそう、いままでごめん。やっぱり頼りになるのはしをんそうだよ。
あいつ(夫)、起きてこないもん。なでてなでてー」


と奇跡のような態度だったよもぎ様。

しかし。

レメディが効果を発揮したであろうとたんに、ハッと我に返ったような目つきに変わり

まだなでなでをしようとしていた私の人差し指に即効攻撃

瞬時に指を引いたので流血にはならなかったものの、心の傷はばっくり です。

いやいやでもよもぎ様が元気になったのなら、怖いのが消えたのなら、嬉しや嬉し、と

しばらくケージの傍で見守っておりました。

脱いだお洋服は心を表すハート型の箱にしまいました。

hinomarunosu2009011401.jpg

よもぎ様はそんなおっかい(怖い)経験を忘れたかのように

hinomarunosu2009011402.jpg

こんな無邪気な顔をしていますが、

私は夜、何度も目覚めてしまいます。

コト、と小さく音がすれば よもぎ様?と耳をすませ、夫が寝返りを打っても よもぎ様?と思ってしまい・・・

とうとう口にするのも恐ろしい夢の中で、おんおんと泣いていたら、目覚めても泣いていました。

昔からそうですが、私のみる夢はキモチワルイくらいにリアルなのです。

匂いとか、色とか手触りとか、そして痛みもあるのでシャレになりません。

いや、でもよもぎ様が怖い思いをする代わりに、私が怖い夢をみるんであれば、毎夜でもかまわないか!

hinomarunosu2009011404.jpg


スポンサーサイト