よもぎはここからやってきた

お店の方から、よもぎは、大阪にある「ペットサン」というところからやってきたと教えてもらいました。

いろいろなペットショップに、鳥やその他の動物を卸しているようです。

ショップ案内に掲載されているところは取引があるお店と考えて良いと思います。

よもぎは、動物愛護法が改正される前だったために、確かな情報を示す証明書はありませんが、
2005年3月に、中ヒナで入荷されたという話です。

中ヒナって生後どのくらいまでを言うのかしら。

もしかして、ひのまるよりも年上の可能性も出てきました。

あらあら。

そんなよもぎは、我が家に来て1週間が過ぎました。

お世話の際に、ヒトが見ていないと、そそくさと出てきます。
見ていると、出たいのに出てこられない・・・という感じ。

お店では、たまたまスタッフが扉を閉め忘れた時に出てきてケージの上にじっと止まっていた、という話だったから、ヒトがいるときは出られない、と思っているのかしら。

yomogi2008110901.jpg

扉の上は止まりにくそうなので、アクリルケースのふたを取ってやればいいのですが、
まっててスタンドに慣れてもらうため、この状態になったら腕を差し出して乗ってもらい、スタンドへ乗り換え・・・という練習をしています。

yomogi2008110902.jpg

初めは怖かったようだけれど、今ではすっかり落ち着いて、差し出したフィードカップからもごはんを食べたりできるようになりました。

数日前から基本のごはんは「ひまわり抜き」にしました。
だってひまわりばっかり拾って食べているんだもの・・・。

ここ1週間で、かなり洗礼を受けている私。

夫よりもお世話の頻度も多いので仕方がないのですがやはりショック。

お迎えに行った時には、スタッフの手から私の胸へ飛び移ってきて、頭をぴたっと私の首にくっつけてきたのに・・・。
おもわず「よしよし」とそのまま背中をなでても怒らなかったのに・・・。

なぜ~~なぜなの~~。

どうやら、噛めば「怖いことが消える」と強化されてしまっている様子。

とりあえず、齧られたらおおげさにしょんぼりして、立ち去ることにしています。

yomogi2008110903.jpg

どんなに齧られても、相手が動物だと(笑)すぐにまた近づいちゃう私。

思い切りつねり噛みされた翌朝、待っててスタンドにいるよもぎにひまわりを一粒差し出してみると・・・

いつもならケージ無しで手を近づけようものなら、即攻撃、だったのに

ケージ越しのときと同じように、優しくひまわりを指からついばんで食べました。

少しずつ、少しずつ、よもぎにとって怖いことが減りますように。








スポンサーサイト