ひのまるの巣

オカメインコ・ヨウムの日々と 北の大地の住人の確かな日常。円山動物園に出没します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ヨウムちゃんの悲しい結果(追記)

その後、ミ○シィなどで相談した結果、鳥結核で治療をされている方のお知り合いの方から、鳥結核についてかなり詳しい情報を教えていただくことができました。

このブログに掲載して良いか了承が得られましたら詳しくお伝えしますが、簡単に書くと、

血液検査で陽性になったから、1発アウトではないということでした。


それから、鳥から人間への感染についてですが、「鳥からヒトへの感染の確証も報告もない」のだそうです。

マイコバクテリウム・アビウムは人畜共通の感染症ではありますが、これにはさまざまな種類があり、ヒトが感染するのはその中の亜種、鳥が感染するものとは別の菌なのだそうです。

ただ、予防するに越したことはない、ということのようです。





昨日の夕方、件のヨウムちゃんの検査結果を聞きました。

鳥結核症(ATB)が陽性でした。

アメリカなどでは動物園や救護施設でこの保菌固体が出た場合は淘汰(安楽死)ということになる感染病です。

日本でこの病気はかなりレアなケースらしく、クリニックの先生曰く、最近この病気が見つかったセキセイインコ1羽が、飼い鳥で報告されている唯一ということ。
北海道ではこれが初めてだそうです。

免疫不全や肝不全のヒトにも感染します。

糞の中に排菌されるそうです。

件のヨウムちゃん(推定2歳半)は発症してはいませんが、5歳から10歳くらいまでに発症することが多く、有効な治療法は無く、未発症時に3種類の投薬を数週間続けて陰性になったとしても、すぐに再発してしまうとのこと。

発症すると、食べているのにゆっくりと体重が減少し、死に至るということです。

PBFDよりはマシだけれど・・・というのが先生の率直な意見でした。

もし、私たちがお迎えしないとすれば、多分処分されるだろうとのことです。

お店側には、精密検査に出して、より確実な検査結果を見てから、なんらかの処分を考えてはどうかと提言されたようです。


号泣しました。昨夜は一睡もできませんでした。

ヒナの時にすでに感染していたのかもしれません。
でも不潔な環境下での感染が多いことも事実です。

夫は、私たちで精密検査代を出して、もういちど調べてもらい、その結果が陽性であるならば、あきらめるしかないと言っています。

今は、これだけ書くのが精一杯です。

にほんブログ村 鳥ブログ 鳥 闘病生活へ
スポンサーサイト

 トリ

- 8 Comments

しをんそう  

コメントありがとうございます

重たい内容にも関わらず、皆様コメントを本当にありがとうございます。

>大波さん

このまま何もせずに安楽死という処置だけは避けたいと思っています。

>キョロちゃんさん

不思議ですね。私の忘れ物がキョロちゃんさんの家にあるからでしょうか。

今は精密検査を受けられるようにして、結果が陰性であることを必死に祈るしかありません。

>maruさん

重たい内容をそのまま書いてしまいました。
読んでくださる方も辛い思いをするというのに、書かずにはいられませんでした。
ごめんなさいね。

>kozuさん

有名な病気ではなにひとつひっかからず、まさかこんな結果とは夢にも思いませんでした。
なにより、あの無邪気な顔でヒトにナデナデされているヨウムちゃんを思うとどうにかしたいと必死になってしまいます。

>KIKUさん

このような結果が出た場合のことを、まさか想定できるわけもなく動揺してしまいました。
たくさんの方からの励ましと支えをいただいて、今はできるだけのことをしようと思っています。

>mariさん

こうして皆さんが、ヨウムちゃんのことを心配してくださっているのですね。
私も落ち込んでばかりはいられませんね。

>黒山羊さん

愛鳥さんを亡くされてまだ日が浅い中、コメントをありがとうございます。
原因がわからないまま体重が落ち、亡くなってから調べると抗酸菌によるものだったとわかるケースについては、主治医さんから聞いております。
命は、短い、長いではかれるものではないとはいえ、その心中を察するに余りあるものがあります。
どうか、黒山羊さんの悲しみが少しずつでも癒されて、心穏やかな日々が来ますように・・・。

2008/10/24 (Fri) 15:35 | REPLY |   

黒山羊  

しをんそうさん、はじめまして。
鳥結核の検索でたどり着きました。

私は今月21日に愛鳥を抗酸菌症で亡くしました。
まだ5歳という若さでした。とても悔やんでいます・・・。
日本ではまだレアケースに属しているとは思いますが
主治医の話では、最近はオウム病よりも報告数があがってきていると仰っていました。

2008/10/24 (Fri) 07:31 | EDIT | REPLY |   

mari  

しをんそうさん、ご主人の気持を考えると心が痛いです。
いつもブログを拝見しながらヨウムちゃんがしをんそうさんのお宅にお迎えしてもらえる事を祈っていたので涙がとまりません…
私も陰ながら検査結果が陰性となることを祈っております。

2008/10/23 (Thu) 23:26 | REPLY |   

KIKU  

どれだけお辛いお気持ちの中で、エネルギーをふりしぼってこの記事を書いてくださったのかと思うと...。
しをんそうさん、今、本当にお辛いことでしょう。
とてもとても、苦しいですよね。
コメントを書かれている皆様も、そっと見守るように読まれている方達も、みんな同じ気持ちなのだと思います。

まずは、精密検査の結果を待ちましょう。
何も出来ない自分が、はがゆく切ないです。
ただ、祈ることしかできません。

しをんそうさん、色々考えてしまうでしょうけれど、どうかお身体を休めてくださいね。
コメントのレスはお気になさらずにね。

2008/10/23 (Thu) 23:15 | REPLY |   

kozu  

つらい、とても辛いお気持ちでいるのですね。

しをんそうさんとご主人の気持ちを考えると、何も言えないです。
あんなに可愛いヨウムちゃん…
しをんそうさんのオウチの子になって幸せになってくれたらと、勝手に期待してしまいました。ごめんなさい。
何よりも今は、精密検査での結果が良いことをお祈りしております。

どうか皆が幸せになれますように…

2008/10/23 (Thu) 22:42 | EDIT | REPLY |   

maru  

私も涙が止まりません。
こうしてキーボードを打つ手も震えが止まりません。。。
しをんそうさん。
ごめんなさい、うまく言葉も出ません。
辛い二文字が心に突き刺さり・・・張り裂けそうです。

精密検査の結果を信じています。
しをんそうさんご夫妻にもヨウムちゃんにも幸せになってほしいのです。
心よりお祈り申しあげます。

2008/10/23 (Thu) 22:18 | EDIT | REPLY |   

キョロちゃん  

・・・

泣いていたのは、しをんそうさんだったんですね。
昨夜は誰かが泣いている夢を見て、私も眠れませんでした。
ブログを読ませていただいて、辛くなりました。
悲しすぎます。
あんなに可愛いヨウムちゃんなのに・・・

私も専門書等を読んでみたのですが理解力が乏しく
うまく説明できません。

でも、まだ×じゃない可能性も出てきたんですね。

2008/10/23 (Thu) 21:23 | EDIT | REPLY |   

大波  

ああ…

涙が止まりません。
精密検査の結果で、陰性が出る事を心より願っております…。

しあわせに、なってほしい。
ヨウムちゃんにも、しをんそうさまたちにも。

『処分』の二文字が悲しくて重いです…。

遠い空より祈っております。

2008/10/23 (Thu) 14:59 | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。