ヨウムちゃん、遺伝子検査へ

さて。
ペットショップのヨウムちゃんですが、先日、ヨウムを飼っていらっしゃる方が私と一緒に見に行ってくださいました。

糞きり網もそんなに不潔ではなくなり、シートも交換されているようです。

そして最初の頃はハゲハゲだったお腹や足にもホワホワの毛がみっしりと生えてきています。

たくさんのアドバイスと経験談を聞かせていただいた後、きちんとした健康診断をし、問題がないようであればお迎えしたいとの意向をスタッフに伝えました。

明日、小鳥のクリニックへ、ヨウムちゃんは行くはずです。

そして「そのうと便」のチェックにプラスして、

PBFD,BFD,クラジミア、オウム病、アスペルギルス症、その他の8項目の遺伝子検査をしてもらうことになっています。

悩みに悩んで、周囲の方たちのメッセージに勇気付けられ、決断に至りました。

検査結果が出るまで2週間から3週間はかかるようです。

それまで、結果がクリアであることを祈りつつ、ヨウムちゃんについて勉強しようと思っています。

一番悩むのは、ごはんです。

お店ではオウムミックスが主食のようでしたが、いずれは、ペレットにシードを少々・・・というスタイルにしたいと思っています。

その鳥さんによって好みのペレットというのは違うかもしれませんが、おすすめなどがあれば、こっそり教えていただけると本当に助かります。


今回の件で、一緒にお店までついてきてくださったお2人や、市外から様子を見に行ってくださった方、そしてお仕事の休憩時間に様子を見て、電話で報告してくれたお友達に感謝感謝です。


※追記※
本日夕方、ヨウムちゃんの様子を見に行ったところ、ケージ入り口付近に数箇所血がついていました。
そして水入れの上部にも血が・・・。
爪切りでもしたのでしょうか。
観察したところ、すでに出血は止まっているようだったけれど、ばい菌がはいったりしないかどうかすごく不安になりました。

ある方からのメールにて、ヨウムちゃんの血ではないことが判明いたしました!

スポンサーサイト