かわいそうなヨウム、ニセモノのヨウム

先日、某ペットショップのヨウムに挨拶に行きました。

数ヶ月前には元気だったヨウムちゃん。

なのに、毛引きしてしまったのでしょうか。

お腹とモモヒキの羽がありません・・・。

残っている羽も、先のほうがボロボロ・・・。

私と夫が寄っていくと、止まり木から急いで降りてきて

「なでて」のポーズ。

ケージにはおもちゃもなく、私と夫は怒り心頭。

夫はずーっとヨウムちゃんをなでなで。

数十分はなでなで。

そして・・・

そして売っている大型インコ用のおもちゃを手に取ると、スタッフの元へ。

「僕がこのおもちゃを買いますから、ヨウムのケージに入れてもらえませんか」

スタッフ曰く、お客の買ったおもちゃは入れることはできないが、今日中におもちゃをいれます、と。

かなり疑いの眼でスタッフを見ていた私たちですが、1時間半後に見に行くと、

ケージにはおもちゃが♪

そしてヨウムちゃんはずーっとそれをカジカジしていました。

とりあえずちょっとだけホッとしました。

できることならお迎えしたかったあのヨウムちゃん。

でも生半可な気持ちでは、この先何十年も長生きするであろう大型鳥さんはお迎えできません。

泣く泣く立ち去ったけれど、その後はどうしているのかな。

優しい飼い主さん、見つかったかな。

あのヨウムちゃんを思って、ここ数日、ニセモノをちくちくしています。

スポンサーサイト