スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひのまる、その後②

1日遅れで毎度申し訳ないのですが、さきほどコメントのお返事をさせていただきました。

昨日夕方仕事から戻ると、ひのまるはやはり食べていなかったようで体重は93グラム。
でも、とてもケースから出たがっていて、私が手を洗う間も「ぴゅいぴゅい」と鳴く。

外にだすと、たたたた、と肩にかけのぼった。
ふりむいても、ちょっとびくっとはするけれど噛み付くことはなかった。
投薬の準備をしている間、「こちょこちょこちょ」とご機嫌だった。

こちらも「こちょこちょ」と応えると、口元を見上げるようなかたちで胸までよじのぼってきたので
そこをタオルでふんわり覆ってつかまえる。
まだ「こちょこちょ」と鳴いている。
くるっとひっくり返すと、気づいたようでもがきだしたけれど、
なんとか飲み薬を1滴、くちばしの間に落とす。

すぐにはケースに戻さずに解放してやると、テーブルに飛び移った。
「ひのちゃん、飛ばないで」と言った瞬間、テレビの上に飛んで片足をあげた。

普段はこの仕草に加えて「ヒノマル、オイデ」としゃべる。

自分のほうに来て欲しいときや、自分を呼んで欲しいときにこの仕草をするので
テレビにほうに迎えに行き、手を出すと、ちょこんと乗った。

だいぶ、元気になったんだ。少なくともショックからはだいぶ立ち直っているに違いない。

少しの間、そのまま一緒に居て、ケースに戻すとエサを食べ始めた。
おなかがすいていたらしく、間をおかずついばみ続ける。

tatakauhinomaru0515.jpg


そのうちに、自然木の止まり木の長さを調整するために挟んであるバルサ材を齧りだした。
遊びが出るってことは、余裕が出てきたに違いない!

tatakauhinomaru051502.jpg


今朝の糞は、7個ほどが1箇所にかたまってあった。
昨日よりは熟睡しているのかな。

ケースの中の止まり木は、自然木のほうがすべらなくて落ち着くみたいだ。

土曜日の再診まであと2日。
もっともっと元気になって「もうだいじょうぶですよ」と言われたい。

でもその後の心配はケージのこと。
夫はまたパニックを起こしたことのことを思うと、今までのケージは使いたくないと言う。
翼が入ってしまわないような、そういうケージを探したけれど、ステンレスで、大きさがあって、格子状になっているものなんて見つからない。

とりあえずの対策として、元のケージを、バーベキューのときの網とかで覆うなど考えているけれど、いい案だとは思えない。

木の枠をつくってキリで孔をあけ、ステンレスの棒を固定していきケージを自作・・・などと夫は思案中。

夫がDIYが得意ならまだしも、それは私にとってとても不安な方法です・・・。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。