ひのまるの巣

オカメインコ・ヨウムの日々と 北の大地の住人の確かな日常。円山動物園に出没します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ひのまる、その後②

1日遅れで毎度申し訳ないのですが、さきほどコメントのお返事をさせていただきました。

昨日夕方仕事から戻ると、ひのまるはやはり食べていなかったようで体重は93グラム。
でも、とてもケースから出たがっていて、私が手を洗う間も「ぴゅいぴゅい」と鳴く。

外にだすと、たたたた、と肩にかけのぼった。
ふりむいても、ちょっとびくっとはするけれど噛み付くことはなかった。
投薬の準備をしている間、「こちょこちょこちょ」とご機嫌だった。

こちらも「こちょこちょ」と応えると、口元を見上げるようなかたちで胸までよじのぼってきたので
そこをタオルでふんわり覆ってつかまえる。
まだ「こちょこちょ」と鳴いている。
くるっとひっくり返すと、気づいたようでもがきだしたけれど、
なんとか飲み薬を1滴、くちばしの間に落とす。

すぐにはケースに戻さずに解放してやると、テーブルに飛び移った。
「ひのちゃん、飛ばないで」と言った瞬間、テレビの上に飛んで片足をあげた。

普段はこの仕草に加えて「ヒノマル、オイデ」としゃべる。

自分のほうに来て欲しいときや、自分を呼んで欲しいときにこの仕草をするので
テレビにほうに迎えに行き、手を出すと、ちょこんと乗った。

だいぶ、元気になったんだ。少なくともショックからはだいぶ立ち直っているに違いない。

少しの間、そのまま一緒に居て、ケースに戻すとエサを食べ始めた。
おなかがすいていたらしく、間をおかずついばみ続ける。

tatakauhinomaru0515.jpg


そのうちに、自然木の止まり木の長さを調整するために挟んであるバルサ材を齧りだした。
遊びが出るってことは、余裕が出てきたに違いない!

tatakauhinomaru051502.jpg


今朝の糞は、7個ほどが1箇所にかたまってあった。
昨日よりは熟睡しているのかな。

ケースの中の止まり木は、自然木のほうがすべらなくて落ち着くみたいだ。

土曜日の再診まであと2日。
もっともっと元気になって「もうだいじょうぶですよ」と言われたい。

でもその後の心配はケージのこと。
夫はまたパニックを起こしたことのことを思うと、今までのケージは使いたくないと言う。
翼が入ってしまわないような、そういうケージを探したけれど、ステンレスで、大きさがあって、格子状になっているものなんて見つからない。

とりあえずの対策として、元のケージを、バーベキューのときの網とかで覆うなど考えているけれど、いい案だとは思えない。

木の枠をつくってキリで孔をあけ、ステンレスの棒を固定していきケージを自作・・・などと夫は思案中。

夫がDIYが得意ならまだしも、それは私にとってとても不安な方法です・・・。

スポンサーサイト

 トリ

- 5 Comments

しをんそう  

おかげさまでひのまるは元気です

> 雪丸さん
はい。本当に日に日に回復の兆しを見せてくれ、今では朝の「おはよー」や「いってきま」も出るようになって・・・。
明日はいよいよ再診の日。太鼓判が出るといいなあと思っています。
ガラスケースは、ずいぶん前に何かあった時のためにと買ったものです。
本来は爬虫類用だったと思います。
ガラスは引き戸になっていて、便利です。
コードの通し口も上部についているのでよくできていると思います。

>ぴゆどんさん
鍵つきコメントありがとうございます。
ひのまるが元気になったのは、こうして皆さんがあたたかいアドバイスや応援をコメントしてくださって、私自身とても勇気付けられて元気に接することができたのもとても大きいのです。
ぴゆちゃんも環境の変化などで大変でしたね・・・。
でもやっぱりお話をしてあげるのってとても大事なのですね。 
息苦しくなるの、私も経験しました。あんなに心臓が苦しくなったのも初めてです。
ひのまるの冠羽のカーブ、好きですか!
とてもマニアックなところに目をつけていただいて嬉しいです。
ひそかに、このカーブは美しいぞ、なんて思っていました。

> colorkoさん
ありがとうございます。
みなさんのあたたかいお気持ちを本当に本当にうれしく思っています。
ひのまるも私たち夫婦も今、とても元気が出ています。
落ち着いたら、ケージの対策のことでご相談しようと思っていました。
おやすみカバーはなんと、アクリルケースの上からかけていました。
これではダメですね。
もとのケージに戻すときは、colorkoさんのやり方でやってみます!
横柵のケージや格子になっているケージってないものですね・・・。
明日の再診のあとは、ケージの改良のための道具を、探しにいってみようと思っています。

>じゅね

おかげさまでひのまるも私たちも元気になったよ。
明日の再診までは気がぬけないけれど、きっと大丈夫。
そう信じています。
じゅにのすけも心配だね・・・。調子がよくなるようにと祈っているよ。
でも、ヒトも動物も心が元気だと免疫力も高まるというし、お互いに最愛のコンパニオンアニマルとできるかぎり長く穏やかに暮らしたいね。

2008/05/16 (Fri) 21:03 | REPLY |   

じゅね  

順調に回復してるようやね。
しをんも少し安心したのでは?
明日までにもっともっと回復!!

じゅにのすけも、明日病院へ行きます。
いつもの皮膚カイカイと気管支の様子が少し悪く心配中。。。
ひのまるもじゅにのすけも頑張る!!

2008/05/16 (Fri) 11:12 | EDIT | REPLY |   

colorko  

びっくりしました...

こんにちは
今日記を遡って拝見してびっくりしました
ひのまるくん...しをんそうさん
大丈夫ですか?
文章とお写真でひのまるくんは当初よりもずっと
回復しているようにお見受けしますので
少しはお気持ちが落ち着いたでしょうか...

ケージに羽が挟まってしまう事故は
以前他の方のブログでも拝見して
まろんはよくパニックを起こすので
恐いなぁと思っていました
今でも本当に心配です

もとのケージに戻したくないお気持ち大変よくわかります
ひのまるくんはお休みカバーを使っていますか?
お休みカバーは羽が外に出てしまうのを少しは防いで
くれるということです
ある方はケージは縦柵ではなく横柵の方が羽がはさまり難いと
書かれていましたが横柵の大きなケージを見たことがありません

まろんには夜はお休みカバー(前面の下だけは10センチ位開けている)
をかけてアクリルケースの右の後ろ角にケージを押しつけて
寝かせています
それでもケージの枠と止まり木が出ているので
ぴったりと隙間なくというわけにはいきませんが
少しは気分的に違います
アクリルケースに面さない左面と全面にはさらに布をかけて
羽ができるだけ飛び出さないようにしています
本当はアクリル板の薄いものかクリアファイルの素材のようなもので
夜はケージの側面を囲った方が良いかな?
とも思うのですがそこに至っていません
この方法が正しいのかかえって危険なのかわかりませんが
とりあえずそうしているのでご参考までに書きました

いつも元気なひのまるくんの一日でも早い快復をお祈りしています

2008/05/16 (Fri) 10:39 | EDIT | REPLY |   

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008/05/15 (Thu) 23:35 | REPLY |   

雪丸  

ひのちゃん、回復してきたようで良かった~^^
今後暮らすおうち、改良するにしても新築?するにしても大変そうですが。。
ひのまるちゃんが怪我をしないような、何か妙案があるといいですね。
(プラケースと勝手に思い込みしていましたが、すっごい立派なガラスケースなんですね~!
爬虫類用なんですか?)

2008/05/15 (Thu) 14:51 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。