ひのまるの巣

オカメインコ・ヨウムの日々と 北の大地の住人の確かな日常。円山動物園に出没します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ひのまる、急患③

~コメントをくださった皆様、本当にありがとうございます。
遅れてしまいましたが、お返事をさせていただきました。~


昨日の午後、ひのまるをキャリーケースから爬虫類用のガラスケースに移した。

tatakauhinomaru02.jpg

キャリーケースはドッグキャリーのような感じで開口部がステンレスメッシュのためにひのまるの
細かな様子が把握できない。

ケースは保温器具などのコードを通せる網天井になっている。
ペットヒーターを角に設置し、かなり高温になることを考えてダンボールでガード。

湿度・温度計をケース下に、簡易温度計をケース上部に貼った。

止まり木は適当な長さのがなかったので、バルサ材で調節。
底から5ミリくらいの高さに設置。

エサ入れは陶器のものにし、へりに粟穂を立ててはさんだ。
水入れは透明なガラス製のものに。

ガラスケースは引き戸になっているので交換もしやすい。

早速ひのまるに入ってもらった。
初めはうろうろとしていたけれど、そのうちに落ち着いたようで、
エサ入れのふちに止まった。

どうも止まり木の位置がよくなかったらしく、止まり木にいると尻尾がヒーターを覆っている
ダンボールに触れるのがいやみたいだ。

tatakauhinomaru.jpg


すぐにまた止まり木を直すよりもガラスケースにひのまるが慣れるのを待つ。
エサ入れのふちに止まらざるをえないのが功を奏したのか、
粟穂を少しついばんだ。

そして水入れの水を3口から4口ほどごくごくと飲んだ。

「おいしいね おいしいね」などと話しかけていると
また粟穂を少しついばんだ。

声をかけるのが大事だと、皆さんからのコメントなどでわかったので
いろいろと話しかける。

すると、ひのまるが「ダイジョーブダヨ」「コチョコチョ」とおしゃべりした。
そしてまた少し粟穂をついばむ。

これはいい傾向だと思い、ケースのそばに座っていろいろと話しかけた。
粟穂をついばむたびにちょっと大げさに褒めたり。

ひのまるは、ヒトがテーブルでごはんを食べ始めると自分も一緒になって食べ始めるので
私も1日半殆ど何も食べておらずさすがに空腹を感じたこともあって、隣で一緒にごはんを
食べた。
ひのまるはじーっと私を見ては、数粒ずつくらい粟穂をついばむ。

そして途中、私がお茶を入れにキッチンへ立つと、あの、懐かしい呼び鳴きを
小さいけれど、した。

「ぴゅいーぴゅいー」

それを聞いて本当に嬉しくて、少しホッとした。

午後1時くらいの時点でひのまるは前日病院で計ったときと同じ96グラム。

夕方には、粟穂をたくさん食べて97グラム。

投薬の際に止まり木の位置を変更したらひのまるはきちんとそこに止まった。
羽づくろいしたり、うつらうつらしている。

夜、夫が帰宅すると「タダイマ」も言った。

そして今朝、投薬の際にものすごく嫌がり夫の手からぱたぱたと飛んだ。
体力を消耗するといけないのでなんとかつかまえてもらい、
目薬、飲み薬をやり(やっぱり飲むほうはうまくいかずほとんどこぼれた)、
ケースを掃除してひのまるを戻すと、暴れて疲れたのか膨らんで目をつぶってしまった。

治療のためとはいえ、辛い辛いと夫とふたり落ち込んだ。
体重は95グラム。
糞を6つくらいしていた。

夕方に体重をはかり、減っているようであれば病院に電話、必要があれば強制給餌してもらうことになっている。

歌を歌ってきかせると、ジーっと聞くそぶりをした。

tatakauhinomaru03.jpg




スポンサーサイト

 トリ

- 5 Comments

しをんそう  

>じゅね
ひのまるのおしゃべりが出たのには本当にホッとしたの。
やっぱり精神的にショックを受けるのってヒトもそうだけれど動物も同じなんだよね・・・。
今は私もだいぶ気持ちを強く持てているよ。

>大波さん
「甘えた」って「甘えん坊」ということですね。
上のコメントの「じゅね」から以前に教わりました。
小さな糞が5つくらい、夕方と朝の敷き紙交換時にあります。
いろいろ原因を考えて、やはりひのまるも夜中に寝ぼけて止まり木から落ちた・・・と思うのです。
ひのまるに食べてもらうために、私も少しずつですがごはんを食べるようにしています。

>kozuさん
ハナちゃんもパニックを起たことがあるのですね。
飛べなかったり、足を引きずって・・・大変だったのですね。

怪我も大変だけれどやっぱり心のケアが大事ということをみなさんのコメントで学びました。
今、一生懸命はなしかけたり、歌をうたったりしています。
そうすると、ひのまるも応答するようになってきました。

>イルタンさん
まさか3年目にして初パニックになるとは私も想像していませんでした。
ひのまるの目、だいぶぱっちりして、先生にも目薬はやめてもいいと言っていただけました。

糞は正常になりました。粟穂とソバの実を時間にもよりますがけっこうついばんでくれています。

私も、食べるように頑張っています。
皆さんに励まされて、私が元気にふるまっているとひのまるの回復が早まっていくような気がします。

2008/05/14 (Wed) 09:19 | REPLY |   

イルタン  

大変なことが起きていたのですね・・。
しをんそうさんも旦那様も本当に心配でしょう・・。
ひのまるくんも今はきっと怖かった・・という気持ちと、
目が痛くて元気がないのかもしれませんね。
大好きな人がそばにいるとひのまるくんも安心できると思いますよ。
糞はもう飢餓便じゃなくなったのですか?
食べられなくなることが一番心配なので、先生のお力をお借りして強制給仕をしてもらい乗り切って欲しいです。

しをんそうさんもちゃんと食べてくださいね^^
しをんそうさんが元気でいてくれないとひのまるくんが心配しちゃいますよ~!!
とても心配で辛いと思いますが、ひのまる君、がんばってくれているはずですから^^

2008/05/13 (Tue) 23:37 | EDIT | REPLY |   

kozu  

少しづつ

回復してきているように思いました。
ひのまる君頑張ってるね!!

うちのハナもパニックを起こして羽をケージに挟んで暴れた事があります。
しばらくは飛べなくなり、足も引きずり…でも何より精神的ショックが大きかったようです。
話しかけたり、お歌を歌ったり、口笛を吹いたりと色々して行くうちに少しづつ話したり歌ったりしてくれるようになりました。

何よりもしをんそうサンとご主人様の励ましが一番の薬だと思います。
お二人の体調を崩さないようにするのが、ひのまる君が元気になる近道です。
どうかお体に気をつけてしっかり食べて、余り落ち込まないようにしてください。
少しづつです。きっと元の元気なひのまる君になってくれると思います。
焦らずに…ね。

2008/05/13 (Tue) 20:47 | EDIT | REPLY |   

大波  

少し落ちついてきたみたいですね!よかった…!
体調が悪い時は甘えたになるみたいなので、いっぱいいっぱい
声をかけてあげてくださいね。
少しづつでもついばんで糞が出て、体重が下げ止まったら
後は回復を待つのみですよ~!
昔飼ってた子は夜中に寝ぼけて止まり木から落ちて一人でパニックに
なったりもしてました。
もしかしたらひのまるくんもそんな感じだったのかも知れませんね…。
ひのまるくんのためにもしおんそう様もしっかりごはんを食べて
滋養をつけて下さいね。

2008/05/13 (Tue) 16:09 | REPLY |   

じゅね  

お話できるようになってよかった!!
鳥の事はよく分からないけど、メンタル的には
一歩前進なのでは?

しをんの愛情は、ちゃんとひのまるに伝わって
回復の力となると思うよ。

2008/05/13 (Tue) 11:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。