ひのまる、なでられる

ひのまるを なでている時の写真をどうしても撮れずにいました。

私の利き手は右なので、なでるのも右手ならば、カメラを握るのも右手。

左手でなでながら撮影しようにも、なでかたが悪いらしく

ひのまるは「ちがう」といわんばかりに、立ち去る始末。

それでもあきらめずに挑戦しつづけ、その努力が実を結びました。

ひのまる、なでられる、の図です。

nadete.jpg
スポンサーサイト