追悼 ヨウムのアレックス

もうご存知でしょうけれど、ヨウムのアレックスが亡くなりました。

Alex20_trees.jpg



彼の知能の高さを知るにつけ、私の鳥への思いは強くなりました。

「言葉」を自ら使って会話できるコンパニオンアニマルが他にいるかしら。

アレックスは世間に広く鳥の賢さを知らしめた第一人者。
その彼がもうこの世からいなくなってしまっとは・・・。

しばし呆然とし、切なさで胸がいっぱいです。

以下、各社記事の引用文です。

【 「鳥類の脳」研究に多大な貢献、賢いオウムが死亡 米国 】
2007.09.13 Web posted at:18:50 JST - CNN/AP

マサチューセッツ州ウォルタム──米ブランダイス大学で、30年にわたって鳥類の脳研究に多大な貢献をしてきたオウムの仲間、ヨウムのアレックスが今月7日、死んだ。アレックスと一緒に研究を続けてきたアイリーン・ペパーバーグさんが明らかにした。アレックスの死に、研究者達が強いショックと悲しみに襲われ、なかなか公表できなかったという。

アレックスは7日に、カゴのなかで死んでいるのが見つかった。ヨウムの寿命は、50年ほどとされている。

アレックスは、数を0から6まで数えることができ、色を区別したり、自分の不満を伝えることができるなど、賢いヨウムとして知られていた。

ペパーバーグさんが1973年にペットショップで購入し、アレックスと名付けてさまざまな研究に付き合ってきた。

アレックスが言葉を覚えたり、物事を認識していく過程は、鳥類の脳に関する研究に大いに役立った。アレックスは数を数えるほか、7つの色と5つの形を見分けることができ、自分の欲求や不満を表現することができた。

また、研究室にいた他のオウム2羽に、言葉を「教えること」が出来たという。しかし、この点については、研究者の話し言葉を「真似て」いただけかもしれない。

しかし、ペパーバーグさんは、アレックスと会話していたという。「『いい子だね、大好きよ』と言えば、『私も大好き』と答えてくれたし、『また明日ね』と声をかければ、『そうだね、また明日ね』と返してくれた」と、話した最後の夜を「いつも通りだったのに」と悲しんでいる。

CNN Newsより

【 「知能は5歳児並み」世界一賢いオウム、アレックス死去 】
2007年09月13日 11:01 発信地:ウォルサム/英国

【9月13日 AFP】高度なおしゃべりをすることで世界的に有名なオウムのアレックスが、7日に31歳の生涯を閉じた。アレックスの飼い主であるアイリーン・ペッパーバーグ博士(比較心理学)が明らかにした。死因は自然死だったという。

アレックスは、ペッパーバーグ博士から100以上の英単語を教え込まれ、「僕は~をしたい」「僕は~に行きたい」など、目的語や目的地を入れた簡単な会話をすることができた。また、50の物体、7つの色、5つの形を認識し、数を6つまで数えることもできた。「彼は2歳児の感情と5歳児の知性を持っていた」と同博士は指摘する。

米ハーバード大学とブランダイス大学で教べんをとる同博士は、アレックスを紹介するウェブサイト(www.alexfoundation.org)に次のような追悼文を寄せた。「彼は『オウムは人の言葉を無意識にまねるだけ』という固定観念をくつがえしてくれた。彼は大いなる遺産を残した。鳥の心に対する一般概念を変えただけでなく、バカを表す『bird brain(鳥の脳みそ)』という言葉への認識も変えたのだ」

なお、アレックスは死ぬ前日の夜、自分を鳥かごに入れて去ろうとする博士に「じゃあね、また明日。君を愛してるよ」と声をかけたという。

AFP BB Newsより


私はこの記事の原文の中で、アレックスと博士が交わした最後の会話に本当に涙が止まりませんでした。


The last time Pepperberg saw Alex was Thursday, she said. They went through their back-and-forth goodnight routine, which always varied slightly and in which she told him it was time to go in the cage.
She recalls the bird said: "You be good. I love you."

She responded, "I love you, too."

The bird said, "You'll be in tomorrow," and she responded, "Yes, I'll be in tomorrow."


スポンサーサイト