スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バードキャリー 届く そしてひのまるは・・・

バードキャリーが届きました。

何せ海外モノですから万が一を覚悟は当たり前。

良かった良かった。

もう慣れっこになりましたが、やはり梱包は日本の業者さんにはありえないほどの「簡易」っぷり(笑)
余計なゴミが出ないのはいいとして、あきらかに中身チェックしたんだろうな、というような切り裂き傷などがダンボールにあり、切り裂くのはいいけれどちゃんと補修してよー、と思います。

ぶつぶつ。


さて、こちらがキャリーです。
思ったよりも渋いオリーブグリーンでした。登山や釣りなどのアウトドアグッズによくあるオリーブグリーンです。
そして軽い!この軽さはチビで力無しの私にはとってもありがたいです。
肩にもかけられ、たすき掛けもできます。


carrier00.jpg



写真に文字を入れたのですが小さすぎてわかりにくいかと思います。
ご質問などございましたらお気軽にコメント欄がらどうぞ。


carry01.jpg



008.jpg


全面と両サイドがステンレススティールメッシュになっているので中の鳥さんは飼い主とのアイコンタクトができますし、景色を見ることができます。
どのくらい見えるかというと・・・

kukkiri.jpg


このくらいはっきりと見えます。(ちなみにこれはサイド部分から見たところ)
ケージのように縦横の格子に邪魔されることもありません。

アーチを作っている骨部分の裏側にはおもちゃを吊り下げられるようになっています。(左右それぞれ2個ずつリングがついています)

止まり木やエサ入れも穴のあいている範囲で好きな位置に調節できるのでいろいろな鳥さんに対応できそう。

底部分は、写真のように下敷きのようになっていて、マジックテープで固定されているので汚れたらべりべりっとはがして洗えます。

自作の底板を作っても良いかも。

私の一番のお気に入りは片方のサイドがびょーんと伸びるところ。(虫取り網のように)

ちなみにこうしてぱしゃぱしゃ写真を撮っているうちにひのまるがキャリーに入ってみようという気になってくれたもよう。

しばらくは手の上からじーっと見ていたのですが、

よいしょ

anyo.jpg


おおお ひのまる 勇気あるねぃ





やっぱりやめる



anyoyameru.jpg


ああああ 片足が戻ってしまった・・・




でも気になるのー

demokininaru.jpg


そうでしょそうでしょ気になるでしょ

がんばれひのまる

オトコなら乗ってみろ



えい

nottemita.jpg



おおおお ひのまる よくやったねぃ 冠羽が立っちゃってるけど

男らしぃぃぃぃ!!!


かじかじもする

sassokukajikaji.jpg


かじかじもできるなんてすごいねえ

あ・・・ その体勢はいつもゴミ箱へ降りる時にやる・・・




バックで降りてみる


bakkudeoriru.jpg



降りて降りてーーー 


よいしょ


bakkudeoriru02.jpg


その調子ー


やっぱ やめるかも


bakkudeoriru03.jpg



えええええええ やめるのぉぉおおお そこまでしといてやめるのぉぉぉぉ



!!!! 降りるもん(怒)


bakkudeoriru04.jpg


いいぞいいぞー


降りた!!!!

すごいー? ねー すごいー?

ochitsuku.jpg



ひのまる すごいよー 初めてのキャリーなのに自分から入ったねー

(ちなみに今までのキャリーは何度も使っていながら自分から入ったことはない)


ふーん こんな感じなんだー


tenken.jpg



(あまりにもこの姿勢が続くのでなんだろうと思いましたが、底の下敷き部分がつるつるの黒なので、そこにひのまるが映っていたようです)


飽きたー

tenkenowari.jpg



あ、もう飽きたの そう・・・ もう飽きたんだ


割と気に入った



P5270742.jpg



・・・それはなにより

にほんブログ村 鳥ブログへ ←ひのまるに愛の手を



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。