てふてふ 2


てふてふを発見して4日目の朝。

DSC_8662s.jpg

発見した日の夕方に、まだいるだろうかと楽しみに帰宅したけれど、やはりいなかった。

朝はいつもバタバタなのに、何かを感じてベランダをのぞいて驚いた。

床にてふてふが。

同じ個体なんだと思うけれど、どうだろう。

息絶えているものと思い込んで、写真だけ撮って埋めてやろうと胸をつまんだ。

手のひらに包み、相手もいないこんな季節に羽化してしまって馬鹿だねえ、と暖かい息を吹きかけると
パタパタと羽が動いてまた驚いた。

スポンサーサイト