ひのまるの巣

オカメインコ・ヨウムの日々と 北の大地の住人の確かな日常。円山動物園に出没します。

てふてふ 2


てふてふを発見して4日目の朝。

DSC_8662s.jpg

発見した日の夕方に、まだいるだろうかと楽しみに帰宅したけれど、やはりいなかった。

朝はいつもバタバタなのに、何かを感じてベランダをのぞいて驚いた。

床にてふてふが。

同じ個体なんだと思うけれど、どうだろう。

息絶えているものと思い込んで、写真だけ撮って埋めてやろうと胸をつまんだ。

手のひらに包み、相手もいないこんな季節に羽化してしまって馬鹿だねえ、と暖かい息を吹きかけると
パタパタと羽が動いてまた驚いた。

スポンサーサイト

 イキモノ

4 Comments

しをんそう/またの名を乱子  

そして、てふてふは

つづきを書きました。
てふてふは、うっかり羽化してしまったその場所に帰って行きました。
来春に、バジルか小松菜の糧になってくれるでしょう。

2015/12/04 (Fri) 16:16 | REPLY |   

インコ母  

お待ちしています!

そうでしたか。ベランダから救出されたのですね、てふてふさん。

続きをお待ち致します。 お忙しいでしょうし、ゆっくりお願い

致しますね。

2015/11/27 (Fri) 22:46 | EDIT | REPLY |   

しをんそう/またの名を乱子  

Re: てふてふさんは

>インコ母さん

ほんとうにうっかりさんですよね。
どこか遠くへ飛んで行く力は発見した時からもうなかったのですね。
実は見るに見かねて、とうとう家の中へ入れてしまったのですが、また改めてその時のことを書こうと思います。

2015/11/25 (Wed) 11:46 | REPLY |   

インコ母  

てふてふさんは

同じ個体でしょうね。 でも、ほんの少しでも飛ばせてあげたい。
羽を持って生まれたのですもの。

のんびりやさんなのか、春と間違えたうっかりさんなのか・・・
ベランダからは動けない様子ですね。
暖かい息をかけると動くのは、トンボで経験しましたが、てふてふさんは
別の世界にそっと飛び立つのでしょうね・・・。

しかし・・・美しい・・・このままじっと見ていたくなります。

2015/11/20 (Fri) 17:37 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment