ひのまるの巣

オカメインコ・ヨウムの日々と 北の大地の住人の確かな日常。円山動物園に出没します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

詰めが甘い、爪がやばい②〜私たちの失敗〜

雨の中のスタート後まもなく昨年もいたアフロを発見。
カメラを向けるとこの表情。ものすごいテンションで歩いています。

s-130615_080042.jpg

スーツに革靴(ナイキ、ってシール貼ってたらしい)での参戦。
きっと途中でスニーカーに履き替えるんだろう、と思いきやこれで歩ききったそうですよ。

さて第1CPまでは区間距離30.5km。

もう3回目になりますし、余裕な気がいたします。

ふみふみにも追いつく場面もあり、その事実に沸く私たち。

お互いの装備について情報交換。

常に身軽なふみふみ、やり過ぎな私たち。

ゆきゆきなんて、1リットルもの不思議な飲み物を背負っているのです。

s-130615_114434.jpg

私は身軽にはしてみたものの、格好がはりきり過ぎでした。

後々、ふみふみの旦那さまに 遊び心がなさすぎでつまんない と昨年のウンコ発言に続く暴言を吐かれる始末。

降り続いていた雨はいつしか止み、止んだら止んだで暑さが堪える100キロウォーク。

ゆきゆきなんて ドゥオーゥ!!!ドゥオーゥ!!! とこの世のものとは思えない叫び声を上げたりするのです。

中世の森ならば村人総出で狩られます。

そんなゆきゆきですが、今年はちょっと違います。
ほとんど食べないのです。
朝にほおばったおにぎりの他、間食はゼロ。不思議な飲み物以外は口にせず、一心不乱に歩くのみ。

ゆきゆきが、本気だ。

本気になったゆきゆきほど怖いものはありません。

事実、なんの加減かわかりませんが、道中突然スイッチが入るのです。

ペースを上げるゆきゆき。

息が上がる私。

途中、鞄のいたがきさんの皆様が応援に出ていてくれました。

s-130615_115608.jpg

ありがたいありがたい。

口角を上げるゆきゆき。

血糖値を上げる私。

まもなく到着するフラワーヒルズ公園は往路ではチェックポイントではないものの、地元の方のご好意で毎年シソジュースが配られていました。

しかし休んでばかりの食べまくりだった私たちは過去2回ともおあずけをくらっています。

今度こそは。今度だけは。

期待で胸をふくらませ、やがて物資供給テントが見えてきた頃には勝手に口の中がすっぱくなっていました。

ところが。

より多くの人に物資を配るためでしょうか、今年はポカリ系飲みものやお茶、チロルチョコなどが並び、
とうとうシソジュースを目にする事はありませんでした。

それでも物資はありがたく、チョコは溶けるといけないのでその場でほおばります。

ふと見れば、アフロが革靴を脱いで座り込み、変な動きをしています。

ゴルフボールを足裏で転がしてのマッサージ。

こうして他の参加者を観察するのも楽しみのひとつ。

素直なゆきゆきと私は観察しながら、いいぞ、と思ったものはすぐに取り入れますが、失敗します。

ふみふみの股関節の軟らかさを象徴する大股歩きを真似して、大幅に遅れを取りました。

赤平駅まであと少し。

怪しすぎるふたり。

130615_130349.jpg

どうりですれ違う人たちが微妙な笑顔だったはずです。

完全なる失敗。

この画像を見て、初めて自分の声をテープで聞いた時と同じくらいの衝撃を受けました。

130615_130403.jpg

ナイトサパー演歌貴族を横目に、昨年ソフトクリームを食べたあのお店の前では、きんきんに冷えたお水が用意されていました。

130615_131016.jpg

照りつける日差しはだいぶ辛く、干ししいたけみたいになった身体に嬉しい一杯です。

ここまで来れば、という思いとここからが長い、という思いが交錯しがんじがらめになりながらも歩き出します。

いつのまにか、ゆきゆきの雄叫びも止んでいました。

長く、退屈な道を進む中、もう何人も折り返してきます。

それでも昨年に比べればずいぶんと早いペースで私たちも歩いているのです。

130615_140109.jpg

この分だと、昨年逃したキュウリの浅漬けにもありつけようってもの。

もう、私たちのモチベーションを維持するのはCP(チェックポイント)の食べ物しかありえません。

やきとりはあるか、バナナはどうか。

午前中は 人の優しさが私たちの原動力! とか言っていたくせに、このころになると脳内の9割はバナナかキュウリが占めているのです。

作戦その③ 喋り過ぎない のせいもあり、思考の逃げ道はありません。

暑い中、冷えたキュウリはうまかろう

たかがキュウリ されどキュウリ

歩道の雑草や生い茂る木々の緑さえキュウリの緑にしか見えなくなってきます。

そして・・・













130615_142809.jpg

念願のキュウリゲット。


つづく。
スポンサーサイト

 100キロ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。