ひのまるの巣

オカメインコ・ヨウムの日々と 北の大地の住人の確かな日常。円山動物園に出没します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ASIA ZONE ~如意棒とターバン~

宿題(円山動物園アジアゾーン内覧会のご報告)の続きです。

さっきまでこつこつと書いた文は一瞬にして消え去りました。

ヨシダさんでもあるまいし、一体どうしたことでしょう。

もういやになりましたが、さっきの3分の1ほどの短縮バージョンでお送りします。

高山の館、ヒマラヤクマです。

maruyamazoo20121208jyouhoukuma.jpg

maruyamazoo20121208himarayaguma.jpg

動きが妙にオヤジくさい彼らですが、本当にオヤジ職員が入っている着ぐるみのことがありますから騙されないように日頃から動物園に通ってよく観察してください。

私は3年目にしてようやく見分けることができるようになりました。

継続は力なり、とはこのことです。

maruyamazoo20121208ashiato3.jpg

この足跡も職員が着ぐるみでつけたものだそうです。

つづいてパンダゾーン。

道民にとってパンダってレッサーのことです。

シセンレッサーパンダ、なんて書いてあるので麻婆豆腐が食べたくなりました。

maruyamazoo20121208panda003.jpg

天井から吊られたレールはこうして如意棒で伸縮自在です。

maruyamazoo20121208pandakufu.jpg

如意棒にリンゴをつければパンダをおびき寄せることもできます。

maruyamazoo20121208pandaobikiyose.jpg

maruyamazoo20121208panda002.jpg

川野氏といえばココが初めて双子を産んだ時のインタビューでもうとにかくココがえらくてかわいくて、という愛情たっぷりの語り口が印象的だったのですが、このたびもココ、と呼びかけるその声があまりにハニーボイスで正直赤面してしまいました。

maruyamazoo20121208panda3.jpg

maruyamazoo20121208panda5.jpg

maruyamazoo20121208panda00.jpg

ところで内覧会には2局ほどのテレビやさんもいらしてたのですが、皆様の撮影も終わり閑散とした中こんな光景が。

maruyamazoo20121208tvstuff.jpg


立派なカメラで下からあおってるので、ものすごくいい具合のパンダが撮れるに違いないといやらしい気持ちいっぱいで同じアングルから撮るとこんなでした。

maruyamazoo20121208panda2.jpg

非常に自然体ですね。せっかく見に来たのに寝ていた、ってがっかりしないでください。
これも生き物の素敵な姿には変わりないのですから。

maruyamazoo20121208panda6.jpg

屋外での彼らのアクティヴぶりも楽しみです。

maruyamazoo20121208kawanosan.jpg


個人的には彼のアクティヴぶりも非常に楽しみです。
maruyamazoo20121208medikara.jpg

以前にも書いたのですが、某番組で西田敏行に 綺麗な目だ・・・ と言われた偉大なる父、ターバン佑川です。

どうしてだか、私はこの方に遭遇すると あっ と声を発してしまいます。

この日も思わず あっ が出てしまうと振り向きざまわけありげに頷いていらっしゃいました。

わかっておる 

そんな雰囲気でした。


つづく。


スポンサーサイト

 円山動物園

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。