スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過

※コメントを寄せてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。読むたびにしっかりせねばと気合を入れています。のちほどゆっくりお返事させてください。※

30日夕方にクリニックで点滴および強制給餌してもらった後、朝まで吐くことはありませんでした。

ずっと食べなかったヒエを突然ついばんでいたので消化不良が心配でしたが、薬が効いているのでしょうか。

31日の朝には体重が81グラムになりました。

相変わらず眠りがちですが、この日はソバの実とオーツ麦だけを一生懸命ついばんでいました。

中身が粉状だから消化しやすく、きっと本人もそれをわかって選んで食べているのでしょう。

1日朝。

80グラム。

1グラム減ったことに動揺するも吐いていないだけいいと自分に言い聞かせます。

クリニックへ行くときに、1日で食べたと思われるソバの実の殻とオーツ麦の殻を持参。

敷き紙に落ちている糞も色や状態を見てもらうために紙ごと持参。

検査ではやっぱりまだ未消化の部分もかなりあったけれど、これだけ食べられているのはひとまず安心と言って頂きました。

途中、ちょっとだけコチョコチョも言いました。

預けるよりは、たとえ飼い主不在でも慣れたケージにいたほうが気が向いたら食べる気にもなるだろうしということで帰宅しました。

直接やるタイプの薬はほんとうに嫌がって、やった後にしばらく落ち込んでいることを伝え、水も飲めているようなのでまた水に溶かす薬にもどしました。

栄養剤は無理にやらなくてもいいとのこと。

ひのまるはフォーミュラを粉のまま好んで食べるので、食べたがったらそれをやるようにと言われました。

クリニックでフォーミュラAAを出していただいたのに、ひのまるはいつも使っている低脂肪タイプのもののほうがよく食べました。

薬を飲まされないとわかると、ひのまるはちょっとご機嫌になってさえずったりコチョコチョいいながら私の肩にべったりいたりと、つかの間ホッとするひと時を過ごせました。

でもちょっと疲れたのでしょう、ケージに戻すとまたうつらうつらと膨らんで眠り始めました。

仕事に出かけ、なるべく動き回って書庫やなんかの整理をしているとあっという間に退社時刻に。

一目散に帰り夕食の支度をしてからひのまるの体重を量るも78グラム・・・。

一気に落ち込みます。

吐いてはいません。

帰宅したよも嫁は、ひのまるのケージの前で夕食を食べ始めました。

もともとひのまるは、人が食卓につくと自分も一緒に食べる子なので、それを狙ったようです。

私は食べようにもあまり食べられないので、ここはおまかせすることに。

すると気分が乗ってきたのか、けっこうな量のオーツ麦をついばみました。

昨日はソバブームでしたが、この日はオーツばかりです。

保温や薬の効果があったのか、身体の膨らみもだいぶ少なくなりました。

そして今日、2日の朝。

81グラム。

けっこうな量を食べているように見えても、それほど増えないのだなあ、と思いますが、先生いわく、

減るときは一気に減るけれども、増えるときはゆっくりなのだそうです。

以下、薬をこぼして羽が汚れちゃっているし痩せてしまっているのでかわいそうなのですがひのまるの様子です。

DSC_7643.jpg

DSC_7648.jpg

DSC_7651.jpg

DSC_7654.jpg

DSC_7663.jpg

DSC_7661.jpg

DSC_7662.jpg

DSC_7664.jpg
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。