スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レントゲン

ひのまる、一昨日の晩と昨日の朝、吐いてしまいましたのでクリニックへ行きました。

体重80グラム・・・。

7月9日の健康診断では94グラムでしたから14グラムも減っています。

オカメインコは体重の増減が激しいとはいえ、これはただごとではありません。

もともとひのまるは、一人餌への切り替え時にまったくエサを食べなくなり、59グラムまで体重が落ちました。

その時は1週間ほどクリニックへ入院させ、その後無事に体重を増やすことができました。

その頃のことなんてまるで嘘だったかのようによく食べよく遊ぶひのまるは、調子に乗って100グラムまで体重増加したことも。

太りすぎは内臓に負担がかかるということで、90グラム前半くらいをベスト体重としてました。

(ひのまるの体格から見た先生からのアドバイスにより)

餌を食べる量が減ったのは夏バテかと思っていましたがそれは考えづらいようです。

金属中毒や誤飲などの可能性もあるということでレントゲン撮影を初めてしました。

結果、中毒や誤飲ではないものの、胃が弛緩し、中に固まってあるはずのグリットが散らばって腸にまで流れ、
うまく消化できなくなっているとのことでした。

原因はわかりませんが、とりあえず1週間の投薬をすることに。

もし1日で5グラムくらい体重が減ることがあれば即電話・来院してくださいと言われています。

ひのまるは、昨夜も少しだけですが吐いてしまいました。

ほとんどおしゃべりもせず、食べず、一日中眠っており飼い主としては非常に辛いのですが、

先生が

ひのまるだって生き物だから 調子が悪くなることだってあるよねえ

と話かけているのを見て、そうだそのとおりだ、しばらくしたらまた元気なひのまるになるだろうと自分に言い聞かせています。

ただ、なかなか言うことを聞かないのが乱子脳。

どうしても不安にかられまくってあまり眠れもしません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。