ひのとよもぎとどきどきしをん

ひのまる、これまでもよもぎの部屋のドアの上まで飛んでいったりしていたのです。

そのたびに、よもぎは興味津々。

でもひのまるは自分をヒトだと思っていますから、ほかのトリには一切興味がありません。

よもぎの部屋に飛んでいくのは、私に迎えに来て欲しいから。

片足をあげて、ちちちち、とさえずり

ひのまる おいで 

と私の真似をして私を呼ぶのです。

クッションを持って迎えに行き、ドアの上ににゅう、と差し出せば

ぽと、と小さくジャンプして乗っかるひのまる。

昨夜はそんなひのまるに、

いい加減、よもぎに挨拶をしなさいね

と注意しました。

で。

hinoyomo20110418a.jpg

クッションごと、よもぎ様の目の前へ。

ケージはアクリルケースで覆っていますから、接触することはありません。

病気の心配もほぼなくなりましたし、よもぎの居間デビューも考えてはいますが、

ひのまるへのストレスのことも考えて、ほんとうに少しずつ2羽の距離感を縮めていくつもりです。

初めてよもぎと向き合ったひのまる。

hinoyomo20110418b.jpg

よもぎの顔がみるみる桃色に染まります。

hinoyomo20110418c.jpg

ひのまるは得意のこちょこちょをひたすらいい続けます。

hinoyomo20110418d.jpg

動画はこちら。



よもぎ、そっけない。


この日は居間で握手。

お嫁さんがいないのをいいことに、いいだけ居間にいてもらいました。

yomoyomo20110418a.jpg

あくしゅ、とお願いすると

右足をにゅぅ、と伸ばしてきます。

yomoyomo20110418b.jpg

そして数日前から、ちょっとだけ握ってくるようになりました。

yomoyomo20110418c.jpg

罠なのかな。

そういえば、お気に入りのおもちゃは、ゆっくりやさしく握ってから突然がっつり噛み付いてるし。

罠なのかも。





スポンサーサイト