スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひのよも、元気です

東北地方太平洋沖地震。

亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。
また、被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

3月11日、金曜日。

突然休みをいただけることになり、家にいました。

午前中、お掃除などをして、午後からは円山動物園に出かけようとしていたのです。

2時になったら出発、と決めて準備万端。

コートを着込んで、帽子をかぶったところで、部屋にまだ掃除機をかけ残していたところを発見。

3時になったら出発ということに変更しました。

ひのまるを肩に乗せながら、ごーごーと掃除機を。

キャビネットの前で、そういえばここに円山動物園の古い年間パスポートがあったな・・・と思い出し、掃除機をとめて扉を開けました。

そのとき。

揺れ始めました。

ごきげんでさえずるひのまるを肩に乗せたまま、よもぎのいる部屋にマッハで駆けつけました。

よもぎは地震に、というよりは、私の駆けつけっぷりにびっくりしたようで、にぎっていたおもちゃをぽろりと落として、私に威嚇。

まだまだ揺れが続いていたので、よもぎのアクリルケースを押さえながら、地震だね、揺れてるね、と話しかける私。

にらみつけてくるよもぎ。

2度目の揺れがおさまって、やっとテレビをつけました。

その後流れてくるニュースで事の重大さがわかってくるにつけ放心状態になる私。

ひのまるを肩に乗せたまま、よもぎも見える位置に座りテレビの画面を見つめていると

よもぎが私にうりふたつの声で ダイジョウブ?としゃべりました。 

即座に肩のひのまるが ダイジョウブダヨ と反応。

偶然とはいえ、ちゃんと会話になっていることに思わず笑顔になり、やっとテレビ画面から目を離すことができました。

被災地の方々、飼われていた動物のことを思うと安全な場所であたたかなごはんをいただいていることに恐縮してしまったり、罪悪感を覚えてしまったり、普段どおりの生活が不謹慎では、というような思いになっている人たちも大勢いることと思います。

でも次から次へと流れてくる、不安を煽るような情報にふりまわされることなく冷静に思考し、行動することが援助できる側にいるわたしたちにできる最大のこと。

いたずらに怯え、周りに流されて、結果本当に窮地に陥っている方々を更に苦しめることこそもっとも避けなければいけないことだと自分にも言い聞かせています。

もちろん、重大な影響につながらないのであれば、たとえそれが非科学的であっても安心感を得るために何かの方法を実行するのは個人の自由とも思います。

でもこんな風にえらそうに書いてはいても、実際自分が同じ状況に立たされたら、どんな有様になるかなんてわかりません。

ひのまるは元気です。

hinomarunosuhinomaru20110316_20110317111001.jpg

よもぎも元気です。

yomogi20110317.jpg



~善良で果敢な性格は知能や学識に勝る~

Albert Einstein



★リンクさせていただいている方のブログで知りました★

現地でペットの救済を行っている団体です。

http://teamangels.blog89.fc2.com/

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。