2014年06月

オマキの本気 ~久しぶりの円山ZOO その②~

たむたむがゆうまを掻き掻きしてやっていたのを見届け、ザンのすやすやぶりにうっとりしながら例の館へ向かいます。

yuumasenaka20140531aa.jpg

yuumasenaka20140531a.jpg

zan20140531.jpg


吉田さんのお孫さん(ハヤト)の成長ぶりを楽しんでいると、なにやら娘さん(レンボー)がするすると屋外展示場の上のほうまで行き、柵に張り付いたようになって何か遠くのものをじっ、と見ています。

私はニヤリとしてよも嫁に言いました。

吉田さんがあっちにいるに決まってる!

って。

案の定、猛暑の中フリーフライトを終えようとしている吉田さんはお帽子から湯気が出そうなやられっぷりでした。

tobi20140531a.jpg

あきらかにもう終わりたそうなご様子だというのに、やってく? と声をかけてくれるその男気の100分の1でいいから某所の〇〇や▲▲に分けてやってください。(乱子の恨み節)

満点スマイルに癒されながら家主不在(残念)の館に突入です。

ヤドクガエルのオタマジャクシたちを撮ったつもりが、ただのコップオンパレードです。

kaerutamago20140531.jpg

もう少し、低い位置にお願いします。

あ。ちょうどいいのがありました。

maruyamazoootama20140531.jpg

センターラボ内ではお仕事を終えたスターがマネージャーから水をもらっている場面も。

amerikawashimimizuku20140531.jpg

アオホソオオトカゲもすくすくと育っているようですね。

aohosoootokage20140531.jpg

と、ここで改めてセンターラボ内に視線を移して爆笑しました。

吉田さんがサウナで限界に挑戦しているようなお顔で立ち尽くしていたのです。

口は半開き(いや全開だったかも)、目はうつろ、頬は着ているシャツに負けないくらいのピンクです。

よ、よしださんが暑さで大変なことに!!!!

と涙を流しながら叫んだところをのんのんに聞かれてしまいました。

ええ 暑いんですよ

とラボ内へ入っていくのんのんは相変わらずかっこよかったです。(髪切ったんですね)

今さらではありますが、今回の記事にはは虫類両生類の画像が出てきますので苦手な方は頑張って見てください。

ワニのぷらーんぶりも健在です。

gabiarumodoki20140531.jpg

yousukouwani20140531.jpg


サイイグアナなんて、撮ってくれと言わんばかりのポージング。

saiiguana20140531.jpg

ミズオの瞳は優しいままで。

mizuootokage20140531.jpg

これだけでも大満足だというのに、この日は奇跡が起きました。

私が見て来た限り、いつもひそっと、木に寝そべるようだったオマキトカゲが宙に浮いていました。

ひょっ。

omakitokage2014b.jpg

はっ。

omakitokage20140531c.jpg

ほどなくして腰に手をあててあぐらをかきはじめた時には思わず カミサマ~ と心の中で呟いておりました。

omakitokage20140531d.jpg

オマキの本気とはこういうものです。

円山動物園、絶賛開園中です。

ごきげんよう、さようなら。

ジラフをじらす ~久しぶりの円山ZOO~ その①

こんにちは。
ほぼ復活した御所車 乱子です。

昨日最も有効と思われる治療に行ってきました。

maruyamamori20140531.jpg

ハルニレの種が敷き詰められた道を行き

haruniretane20140531.jpg

でっかいアリと戯れながら向かった先はもちろん

maruyamaari20140531.jpg

聖地、円山動物園。

京都老舗展の抹茶ソフトを食べるくらいなら、円山動物園のミックスソフトを食べるべきなのです!

ソフトの溶け具合からもお察しのとおりこの日のサッポロは気温が高い上に湿度も高め。

maruyamasoft20140531.jpg

あわててほおばりながらナナコナツに会いに行くとラッキーなことにおさわりトレーニング中。

nanako20140531a.jpg

こうしておさわりされることをグッと我慢できると笛が吹かれ、それを合図にご褒美がもらえるという仕組みです。

ナナコナツの目はそれはもうまっすぐにご褒美に向けられています。

nanako20140531b.jpg

ガマンしたらもらえるガマンしたらもらえる

nanako20140531c.jpg

たむたむに まだだ とたしなめられるナナコナツ

つー(よだれ)

nanako20140531d.jpg

つー!!!!(よだれ)

たむたむのじらし具合が絶妙です。

nanako20140531f.jpg

ごほうびが当たるとこのとおり。

nanako20140531g.jpg

ミドリに染まった口元のかわいさといったらもう!

nanako20140531h.jpg

咀嚼咀嚼。

nanako20140531i.jpg

ユウマもじっ、と見ています。

nanako20140531j.jpg

べロ挨拶でたむたむを見送ります。

nanako20140531k.jpg

たむたむは終始寡黙な態度を崩すことなく、手描きの看板をぱたんとしまい、さりげなく地べたの草ででろでろになった掌を拭って次のユウマのところへ行くのです。

最初はにやにやして見ていたのですが、考えてみたらあんなにおっきな動物(しかも首長)の顔が至近距離にあるなんて
ものすごい緊張感溢れるシーンなのです。

私も途中からにやにやが消え、じわり、と変な汗をかいてきました。

何かの加減でご機嫌をそこね、ユウマがそのお顔でバイーン、ってしたら…

そう思うと心拍数は上がりまくりくらくらしてきました。(帽子をかぶってこなかったせいかもしれません)

yuuma20140531b.jpg


しかも足元ではいたいけな少女が蹄のお手入れをしているのです。

yuuma20140531a.jpg

その蹄でばいーん、ってされたら…

yuumaashi20140531a.jpg

この一見ほのぼのとしたお触りトレーニング、全米が震えるほどのアクションシーンではありませんか。

今日もまた円山の戦士たちが静かな闘いを終え、ユウマの蹄もきれいになったというわけです。

yuumaashi20140531b.jpg

皆様もこの手に汗握るシーンに、遭遇してみませんか。

円山動物園、絶賛開園中です。

ごきげんよう、さようなら。