2011年08月

再会

円山動物園。

なにやらあちこちがぴかぴかになってきましたね。

サインデザインはずっとわかりやすいものになっていました。

7月のお写真から。

ヒグマのとわさん。

愛くるしい。

maruyamaranko1.jpg

口元が最高です。

maruyamaranko0.jpg

チューバッカ。

maruyamaranko6.jpg

振り向きざまのフランジもぶるぶる揺れて。

maruyamaranko7.jpg

疲れればあごを乗せ。

maruyamaranko8.jpg

吉田さんの娘さんはその身体能力をこれでもかと見せつけてくれました。

あまりに勢いよくぶらんぶらんするので、どこかにぶつかりやしないかとハラハラしていたら本当にぶつかりました。

でもわざとみたいです。

女って・・・。

maruyamaranko9.jpg

maruyamaranko10.jpg

そのものすごい勢いに乗って吉田さんのお孫さんの手をつかんで一緒にぶらんぶらんしようとした彼女。

maruyamaranko11.jpg

でもあと少しのところで彼は怖気づいてしまいました。

maruyamaranko12.jpg

男って・・・。

maruyamaranko13.jpg

maruyamaranko14.jpg

maruyamaranko15.jpg

maruyamaranko16.jpg

maruyamaranko17.jpg

吉田さんといえばその笑顔の素晴らしさと醸し出されるオーラから円山の癒し系として有名ですね。



彼からはフィトンチッドが出ているのだと思います。

その香りにメロメロな毛玉さんとの石鹸、いや接見を今年もお許しいただきました。

すでに姫さまと楽しんでらしたところへ、ストーカーのようにつきまとうわたくし乱子。

動物と飼育員の絡みに加えて毛玉さんも絡めばそのチェーンリアクションの凄まじさなんて想像も尽きません。

なにせオトナの体験時に名物飼育員本田さまのあんなことやこんなことに度肝を抜かれ、動物園熱が再燃し、その後毛玉さんを発見してその観察力分析力表現力妄想力にぞっこん、引っ込み思案の乱子がめずらしく告白しちゃったりして あの接見 に至ったわけです。

私の動物園の見方はアレなんですが、毛玉さんはさすが一筋縄では行かない楽しみ方をしてますね。

そこからですか!そこはスルーですか!そこをつっこみますか!

と心の中で叫んでいました。

ミツウマとか、この日初めて知りました。

すでにフリーフライトは終わっていましたが、お写真撮れますよということで。


携帯の画面をチェックし、吉田さんが入っていない!とダメ出しする毛玉さん。

撮影部隊は はっ!吉田さんですか! とあわてて撮影しなおすわけです。

maruyamaranko19_20110825214047.jpg

ミスタースマイル。

フクちゃんを連れて登場したあの日だって、ミスタースマイルはこのとおり。

maruyamarankoa.jpg

吉田さんを見ると八神純子のMr.ブルー~私の地球~が頭の中に流れてきます。

また別の意味でミスターブルーな円山のマヨさまはこの日も哀愁漂うお背中です。

maruyamaranko23.jpg

たしか毛玉さんから

俺の背後にまわるな 

と言っていた という意味合いのことを耳にしたような気もしましたが、白昼夢でしょう。

maruyamaranko24.jpg

換羽後でペングィンが思うように食べてくれない腹いせでしょうか。

maruyamaranko25.jpg

シメはやっぱりこの館です。

maruyamaranko27.jpg

maruyamaranko26.jpg

maruyamaranko29.jpg

maruyamarankoo.jpg

maruyamarankop.jpg

maruyamarankoq.jpg

maruyamarankor.jpg

maruyamarankos.jpg

maruyamarankon.jpg

主の本田さまは、ミスターブルーといちゃいちゃしていました。

maruyamaranko31.jpg

毛玉さんとの短くも濃厚なひとときはマッハで過ぎてゆきました。

こけしと南部鉄瓶、大切にします。

次に接見できるその日まで、日々いろんなところを鍛えておきます。
スポンサーサイト

北の大地へ by ちーこさん

今朝のひのまるは86グラムです。

hinomaru20110817.jpg

hinomaru201108172.jpg

昨晩は87~88グラムでした。

90グラム台に乗っかったら、麻の実はぐっと減らしたいところですがもうヒエもキビもアワも見向きもしない彼をどうやったら振り向かせることができるのでしょう・・・。

さて。

ちーこさんが、巣の画像を持ってってもよろしいか?とコメントくださったので。

どうぞどうぞと申しましたらば。

りんくんとの素晴らしいコラボ作品が生まれていました。

3串のトモダチ限定日記でしたが、お願いしてこちらで紹介させていただくことに。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちーこさん作「北の大地へ」

6552379_1251209490_64large.jpg

6552379_1251209485_227large.jpg

来るよ~♪


6552379_1251209480_121large.jpg

6552379_1251209470_1large.jpg

6552379_1251834902_154large.jpg

6552379_1251209458_94large.jpg


ちゃぽん。









6552379_1251209454_175large.jpg

食の細いしをんそうさん、おいしいチキンカレー(オカメカレー)
たくさん食べてね♪

6552379_1251209452_44large.jpg

6552379_1251834889_42large.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


ちーこさん、すてきなコラボ作品をありがとうございました。

ひのまるの調子が悪くなって私がブログでおろおろしていたときに、遠い岐阜県よりこうして応援日記を更新していてくださったのでした。

おかげさまですっかり「食が細くなくなった」わたくし乱子です。

昨日もロースかつに甘口ごますりソースたっぷりかけてもりもり食べました。

ひのと乱子と、ときどきよもぎ

ひのまる、昨夜は88グラム、今朝は86グラムでした。

s-DSC_7711.jpg

小松菜もむしゃむしゃ食べます。

でもちょっと心配。

普通のえさを食べない・・・。

韃靼ソバはもう残り少ない上に買えるところも見つからず、オーツ麦もとあるお店のしか食べないから注文しなきゃだし、ここ数日は麻の実ブーム到来。

粟穂は少し食べるものの、やっぱり麻の実に比べると食いつきが悪い。

このままふつうのごはんを食べない鳥になってしまったらどうしましょう。

s-DSC_7714.jpg

でもとりあえず、ひのまるは朝はぴゅいぴゅいさえずり、飛びまくり、以前のように飼い主がバッグを持てばイッテキマ(いってきます)としゃべるようになりましたし、よしとしなければ。

s-DSC_7719.jpg

まだまだですが、おなかチャックも復活しそうな・・・。

s-DSC_7720.jpg

わたくし乱子、ひのまるの元気が出たとたんに食欲もがっつり戻ってしまい、おとといの晩はよも嫁が作った餃子を20個ほどと、ビールをぺろっといただきました。

そして、ひのまるの不調は私のサボりの罰なのだと一念発起して開かずのクローゼット整理、フローリングのお掃除、本棚の整理にいそしみました。

長屋の我が家にはクーラーもなければ、窓も少ない。

絶対に人には言えないものすごい格好で汗だくになりながら作業するその姿に、よもぎも何かが狂ってしまったのでしょう。

なんと。

昨晩。

私にくちばしと足以外を撫でさせてくれました。

もちろんケージ越しですが。

止まり木から降りて、糞きり網の上で半ば「伏せ」のような体勢で。

よもぎの頭蓋骨の感触とか、首の細さとか、まぶたの柔らかさを初体験。

いやー、神様っているんだなー。

このままおりこうさんでいようっと。

ひのまるその後

8月5日金曜日、お薬が切れたのでクリニックにひのまるを連れて行きました。

ひのまるは、以前のように待合室でこちょこちょと喜ぶようになりました。

そのこちょこちょを聞いて、声をかけてくださったpiyukiさんありがとうございました。

彼女はやはり9月4日(日)のmofukitaでトリグッズを販売されます。

つれていらっしゃった白オカメちゃん2羽のうち、1羽は付き添いなのだそうです。

かわいいですよね。

さてひのまる。

体重は80グラムから84グラムをいったりきたりです。

でも朝は溜め糞をしてあるし、糞の状態もとても良くなっているとのこと。

お盆はクリニックがお休みに入ることから、念のためお水に溶かすタイプのお薬を大目にもらっておきました。

小松菜も、放鳥時に食べたがるようであれば少しあげてもいいということでしたので(本当はお薬のお水を飲ませている間はNGです)ひのまるが自由に食べられるようにテーブル上にセットしておきます。

ひのまるは挿餌の時期に、私がフォーミュラにほぼペースト状にした小松菜を混ぜてやっていたので小松菜が大好物なのです。

ここ数日は、黄粟穂と麻の実がお気に入りの様子。

麻の実は太りやすいので普段はほんとうにわずかしかやりませんが、今は非常時ということで好きなだけ食べさせています。

今朝(8月8日)は82グラムでした。

おおきな溜め糞が2個もありました。

ひのまるの様子

~たくさんの励ましをほんとうにありがとうございます。おかげさまでひのまるはどんどん元気を取り戻しています。コメントのお返事はのちほどゆっくりとさせてください~

8月4日夕方。

ひのまるは外に出たがり、元気に基地(今のドアの上)に飛びました。

ひさしぶりの基地なのでしばらく降りてきませんでした。

ぴよぴよ言ったり、羽づくろいをしていました。

DSC_7694.jpg

DSC_7696.jpg

体重は80グラム。

まだ少ないけれど、きっと糞もいっぱいしたのだと思うことにします。

今日もよも嫁が不在なので、ひのまるのためにケージ前でごはんを食べることに。

やっぱりつられて一緒に食べ始めます。

その後、100円ショップで買ってあった野球帽と造花でちまちま工作をしていると、ひのまるはそういう手作業をしていてもつられて?食べることがわかりました。

これは幸い。

何か手を動かしていればわたしも気晴らしになるし、なによりお待たせしているオーダー作品の作業にも入れます。

調子に乗ってひのまるを寝かせるまでずっと作業しました。

寝る前のひのまるの体重は83グラム強!(83グラムと84グラムが交互に表示されていました)

ケージにはたくさんの粟穂が散らばっていました。

そして今朝。

体重は82グラム強。(82グラムと83グラムが交互に表示)

糞もだいぶ固まって大きなのをするようになっています。

調子がだいぶ戻って、食べるより遊びたいようなそぶり。

ほどなくしてごはん食べたいと合図があったような気がしたので差し出すとやっぱり食べました。

以下、ひのまるの朝ごはん動画です。



ひのまるの経過

2日の夕方、一目散に帰宅し体重を量ると79グラム。

日中は寝ているから、朝より減るのは仕方ないかな。

ひのまるの食欲はどんどん戻ってきているようで、(オーツ麦とソバの実しか食べませんが)取替え用に用意していた容器から直接食べることも。

DSC_7677.jpg

DSC_7679.jpg

さらに、小さいお匙であげようとしていたフォーミュラーは袋にもぐりこんで勝手に食べ始めました。

DSC_7667.jpg

DSC_7670.jpg

DSC_7672.jpg

DSC_7673.jpg

その後、飛ばして体力が消耗しないよう手に乗せてしばらく撫でてやりました。

ケージに戻すとまた眠り始めました。

この夜はよも嫁が仕事関係の飲み会で不在。私が食べなければひのまるもマネして食べてくれないでしょう。

数時間後、ひのまるが起きたところを見計らってケージ前できゅうりの浅漬けをぼりぼり言わせる私。

まだ重たい食事は無理なのと、音の出るもののほうがいいかと思ったのです。

案の定ひのまるはけっこうな勢いでオーツ麦を食べ、途中途中でハーブをかじり、時には粟穂をつついてみたりしました。

私が食べ終わっても、そばにいるとひのまるはずーっと食べ続けていました

薬入りのお水もくいっと飲みます。

オーツ麦やハーブばかり食べるのでいつもと糞の色はだいぶ違います。

夜の時点でも体重は変わらず79グラムでした。


8月3日朝。

調子を崩してから、ひのまるは朝起こしてもさえずりませんでした。

普通なら私が起きた気配を察するとカバーを取る前からぽっぽっぽを歌ったり、ぴゅいー!!!!と叫んだりしていたのです。

今朝、私が洗面所で顔を洗っていると、小さくですがぽっぽっぽが聞こえた気が。

でもよもぎもひのまるの声でさえずったりしゃべったりしますから、違ったのかもと耳をすませば。

よもぎとは明らかに音量が違う小さな声が聞こえました。

急いでカバーを外しに行くと、さっそくエサ入れのオーツ麦をついばみはじめました。

ここ何日も、起こしてもぼーっとして目を開けたり閉じたりだったのに、今朝は違います。

体重は81グラム。

エサを交換するために、エサ入れを持っていると、肩に乗ったひのまるが食べようと首を伸ばします。

この行動も具合が悪くなってからはしませんでした。

相変わらずオーツ麦と少しのソバの実しか食べませんが、うれしくて仕方ありません。

フォーミュラを用意している時も待ちきれないというようにたたらを踏んでいました。

結局待ちきれずに自分で食べに行きました。

DSC_7682.jpg

3日夕方。

79グラム。

それでもひのまるは眠りから覚めて少しずつアタマが冴えてきたとみえてとても元気です。

お水や敷き紙の交換中、テーブルの上のものをつついてみたり、私の肩に乗ってみたりとほとんど健康なときと変わらない行動も見られました。

母が夕方にちらっと寄ったときには、こんにちはこんにちは!!!と大音量でおしゃべりしました。

具合が悪くなって以降、初めての大音量。

夜はケージにぶらさげた粟穂をかなり食べられたみたいです。

ハーブミックスも相変わらず食べています。

お腹の調子を自分なりに治そうと、ひのまるも必死です。

おやすみ前の体重は82グラム!

増えています。

減らないのも嬉しいけれど、増えるのは本当に嬉しい。

そして今日、8月4日 朝。

82グラム。

ひのまるは遊びたくて仕方ないようで、テーブルの上のソバやオーツをついばんでみては、ポケットティッシュを落としてみたり、ヒトが動けば肩に飛んできたりと大忙しです。

フォーミュラをやろうとしたら、今朝はいらないようでそっぽを向いてしまいました。

元気が出た分、自己主張も強めでなかなかケージに戻そうとしても言うことをききません。

きかんぼの時の三角の目になったりもします。

やっとうまくごまかしながらケージに戻すと、早速食べ始めます。

DSC_7684.jpg

DSC_7690.jpg

DSC_7693.jpg

今日の夜で、飲み水に溶かすお薬がなくなります。

それでもお腹の調子が良いようであれば、さらに安心できるかな。

経過

※コメントを寄せてくださったみなさま、ほんとうにありがとうございます。読むたびにしっかりせねばと気合を入れています。のちほどゆっくりお返事させてください。※

30日夕方にクリニックで点滴および強制給餌してもらった後、朝まで吐くことはありませんでした。

ずっと食べなかったヒエを突然ついばんでいたので消化不良が心配でしたが、薬が効いているのでしょうか。

31日の朝には体重が81グラムになりました。

相変わらず眠りがちですが、この日はソバの実とオーツ麦だけを一生懸命ついばんでいました。

中身が粉状だから消化しやすく、きっと本人もそれをわかって選んで食べているのでしょう。

1日朝。

80グラム。

1グラム減ったことに動揺するも吐いていないだけいいと自分に言い聞かせます。

クリニックへ行くときに、1日で食べたと思われるソバの実の殻とオーツ麦の殻を持参。

敷き紙に落ちている糞も色や状態を見てもらうために紙ごと持参。

検査ではやっぱりまだ未消化の部分もかなりあったけれど、これだけ食べられているのはひとまず安心と言って頂きました。

途中、ちょっとだけコチョコチョも言いました。

預けるよりは、たとえ飼い主不在でも慣れたケージにいたほうが気が向いたら食べる気にもなるだろうしということで帰宅しました。

直接やるタイプの薬はほんとうに嫌がって、やった後にしばらく落ち込んでいることを伝え、水も飲めているようなのでまた水に溶かす薬にもどしました。

栄養剤は無理にやらなくてもいいとのこと。

ひのまるはフォーミュラを粉のまま好んで食べるので、食べたがったらそれをやるようにと言われました。

クリニックでフォーミュラAAを出していただいたのに、ひのまるはいつも使っている低脂肪タイプのもののほうがよく食べました。

薬を飲まされないとわかると、ひのまるはちょっとご機嫌になってさえずったりコチョコチョいいながら私の肩にべったりいたりと、つかの間ホッとするひと時を過ごせました。

でもちょっと疲れたのでしょう、ケージに戻すとまたうつらうつらと膨らんで眠り始めました。

仕事に出かけ、なるべく動き回って書庫やなんかの整理をしているとあっという間に退社時刻に。

一目散に帰り夕食の支度をしてからひのまるの体重を量るも78グラム・・・。

一気に落ち込みます。

吐いてはいません。

帰宅したよも嫁は、ひのまるのケージの前で夕食を食べ始めました。

もともとひのまるは、人が食卓につくと自分も一緒に食べる子なので、それを狙ったようです。

私は食べようにもあまり食べられないので、ここはおまかせすることに。

すると気分が乗ってきたのか、けっこうな量のオーツ麦をついばみました。

昨日はソバブームでしたが、この日はオーツばかりです。

保温や薬の効果があったのか、身体の膨らみもだいぶ少なくなりました。

そして今日、2日の朝。

81グラム。

けっこうな量を食べているように見えても、それほど増えないのだなあ、と思いますが、先生いわく、

減るときは一気に減るけれども、増えるときはゆっくりなのだそうです。

以下、薬をこぼして羽が汚れちゃっているし痩せてしまっているのでかわいそうなのですがひのまるの様子です。

DSC_7643.jpg

DSC_7648.jpg

DSC_7651.jpg

DSC_7654.jpg

DSC_7663.jpg

DSC_7661.jpg

DSC_7662.jpg

DSC_7664.jpg