2010年09月

採用されました

ポストをのぞいたらば、なにやら大きな封筒が。

わたくし乱子がよく出没する大○藤井セントラルから。

画材のセールのチラシだろうと思い、それにしてはなんか誰かのハンコが押してあるなあと開けたらば。

hinomarunosu201009308.jpg

おおおおおおおおぅ!!!!

感謝感激雨オカメです。

ブリリアント円山ZOOにて開催されていたポストカード展、8月31日をもって終了のはずが、会期が延長されたもよう。

再々変更ということで、なんだかうれしいですね。

売上の一部が動物たちのエサ代になります。

みなさん素晴らしい作品を描いていらっしゃいますので、未見の方はどうぞ円山動物園科学館内オフィシャルショップへ。

10月11日(月・祝)までの販売だそうです。

原画が戻ってこないなーと思っていたら、そういうことだったのですね。

hinomarunosu201009305.jpg

hinomarunosu201009306.jpg

住所や氏名などはダミーです。

hinomarunosu201009307.jpg

それにしても乱子イチオシの1枚は、やっぱり肖像権の問題があるのでしょうかね。

むぅ。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2本立て

昨日はこんな夕焼けで。

blog201009261.jpg

今日はさぞかしハレルヤとおもいきや出がけに雨や。

傘を持たねばならず、レンズ2本を泣く泣くお留守番させることに。

日曜日の円山動物園は本当にひさしぶり。

blog201009262.jpg

クモノスガメショー。

13:30からスタートですが、そこは本田さまのショーです、あっという間に席がなくなるでしょう。

ということで、おみくじなんぞを引いたりして15分前からお待ち申し上げておりました。

blog201009263.jpg

ペングィンですか・・・。帰りに忘れずに数えに行きましょう。

blog201009264.jpg

ショーの開始です。

クモノスガメ、ご存じですか?

少し前には普通に輸入されてペットになったりしていたみたいです。

でも今やサイテスⅡ種だそうですよ。

※指導がはいりました。サイテスⅠ種の間違いでした。聞いたそばからこれですよ、私なんて。

非常に難しい種で、動物園・水族館での繁殖成功はこれが初!

国内でも一般の愛好家の繁殖が数例ということですから、驚きです。

だってあんなカオス状態の、ちょっと忘れちゃってたっぽい感じだったのが・・・。

1000頭とか1500頭とか一気に輸出した年もあるらしいのですが、そんなに魅力的なんでしょうか。

blog201009265.jpg

・・・。

・・・。

・・・。

blog201009266.jpg

仔ガメの上下2匹が、右のお父さんガメにそっくりの美しい模様の仔だそうです。

本田さまの経験上で言えば、ヘビはお母さん似が多く、カメはお父さん似が多いとのこと。

あくまでも本田さまの手がけたものの範囲でのお話ですけれど、興味深いですね。

kumonosugame20100926.jpg


kumonosugame201009262.jpg

kumonosugame201009263.jpg

お外の光が強すぎてスライド写真を撮れませんでしたが、クモノスガメの産卵シーンも見ることができました。

貴重ですね。

卵が下りてきてふくらんでいるシーンから、とうとう卵がお外に出ようというシーンで小さく

イタソウデスケド と言っていたのを会場にいた皆さんは聞き逃さなかったことでしょう。

大きく反応したかったところですが、後ろに酒井園長さんが座っていらしたこともあり自粛。

kumonosugame201009264.jpg

kumonosugame201009265.jpg

kumonosugame201009266.jpg

kumonosugame201009267.jpg

20100926002.jpg

このショーのおかげで、私のカメを見る目も変わりました。

こんな部分をじっくり観察したり、ね。

P1150594b.jpg

知って見るのと、知らずにただなんとなく流し見るのとでは、天と地、月とすっぽん、よもぎと私ほどの差があります。

20100926002b.jpg

このショーだけでも大満足だったのに、へらへらして帰ろうとしたらば

このあと3:00から猛禽野生復帰ゾーンガイドをやります

とおっしゃる。

ラッキー。

アナウンスがなければ知らずに地団太踏むところでした。

整理券をもらって、しばしお散歩。

羽づくろいして、鼻毛出ちゃうのはひのまるもよもぎも、オオワシも同じ。

DSC_6132b.jpg

DSC_6133b.jpg

吉田さんのお孫さんはどんどん活発になっています。

DSC_6139b.jpg

DSC_6147b.jpg

DSC_6166b.jpg

DSC_6173b.jpg

あっという間に集合時間になりました。

チンパンジーがお外にいるのを初めて見たかも。

飼育員さんがたくさんいたせいでしょうか、なにやら咆哮し、ジェスチャーしていらっしゃる。

DSC_6185b.jpg

猿の惑星シリーズを見過ぎたせいでしょうか、私はチンパンジーが怖いのです。

あのものすごく賢そうな目も怖い。

彼らに一瞥されると、私のやましさやアタマの悪さ、根性の無さなどを見透かされているような気分に。


さて。

いよいよ猛禽類の野生復帰&繁殖訓練ゾーンへ。

blog201009267.jpg

P1150572b.jpg

驚くほどに立派な施設です。

P1150577b.jpg

P1150576b.jpg

猛禽が衰弱した場合のリハビリ、繁殖した鳥が自力でエサを食べられるように訓練するトレーニングケージや

DSC_6189b.jpg


P1150583b.jpg

道内に生息する猛禽類の繁殖を目的にした繁殖棟に分かれているそうです。

P1150586b.jpg

今後は国の天然記念物シマフクロウも加え、それぞれ飼育下での繁殖技術の確立を目指すとのこと。


毎週日曜日にガイドが行われる予定のようですから、ファービュラスな内容はここでは書きません。

でもひとつだけ。

ワシのヒナがいないな、と思っていたら、展示に耐えられなかったようでここにいたのでした。

DSC_6195b.jpg

シルエットだけでも見られて良かったよ。


吉田さんの動きも相変わらず目が離せませんな。

DSC_6194b.jpg

外来種植物をやっつけたところです。


貴重な講演とガイドの2本立てを堪能した後は、ほくほくで閉園までの時間を過ごします。


無事に角切りを終えられたエゾシカ。

DSC_6197b.jpg

とわ嬢や

DSC_6203b.jpg

ピリカ嬢を見ていたらどんどん冷えてきました。

DSC_6211b.jpg

暖を取りに行った館はずいぶんとさびし気に。

P1150591b.jpg

ああ・・・大好きなこの仔らもどんどん数が減っちゃって。

P1150600b.jpg

P1150601b.jpg

DSC_6223b.jpg

DSC_6239b.jpg

DSC_6226b.jpg

P1150599b.jpg

元昆虫の館を扉越しにのぞけば、遠くにイグアナが。(写真では確認できないけど)


蛹状態の爬虫類館。

早く春になーれ。

あ、ペングィンの数!

P1150573b.jpg

よし、奇数。


にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

つもり

敬老の日の午後、雨が降りそうだったのでインクレディボー円山動物園へと急ぎました。

DSC_5950.jpg

土日祝日はヒトが多そうだからなるべく平日の閉園間際に行くわたくしですが、雨模様ならそれほど混雑しないから。

DSC_5951.jpg

突然の雨に、お客さんたちが売店やら科学館やら屋内展示場で雨宿りしていました。

DSC_5994.jpg

DSC_5999.jpg

DSC_6007.jpg

DSC_6013.jpg

かわいすぎ。

おみくじを引いたら、ラッキーアニマルがヒマラヤグマだったので熊ゾーンへ向かったのですが、

途中でパーマン発見。

お客さまにエゾシカについて説明している様子。

パーマンといえば、アリの飼育やてふてふの標本自慢でおなじみですよね。

これはチャンス。

引っ込み思案の乱子ですが、ここ数日の生き地獄からやっと這い出したこともあり、出掛けに飲んだ鼻炎薬でちょっとラリった状態だったことも手伝って、大胆な行動に出ましたよ。

パーマンの説明が終わる頃、にやにやしながら アリ・・・ とつぶやいてみました。

しばしアリ待ちです。

そしてとうとうアレをこの目で見てきました。

写真がないのが残念ですが、アレはぜひ実物をご覧くださいませ。

パーマンは9月末までの任務らしいのでそれまでにぜひ。

アリの飼育キットを手持ちして説明してくださるので揺れるわけです、キットが。

そうしたらば、子育てしている兵隊アリが、大変大変! とコドモを抱えて非難する様子を見ることができるのです。

アリのコドモはぎりぎりセーフです。短いから。これ以上は言及しません。

頼んでいないのに、てふてふの標本も持ってきてくれました。

ミヤマカラスアゲハもお願いすればよかった、と後悔していたのですこぶる喜びました。

次から次へと驚きの説明が繰り広げられ、びっくりするやら感心するやらで鼻の穴もふくらみっぱなしでした。

おまけにユミヤマンまでセットでついてきました。

あそこにあの絵を飾ってくださって以来、やっときちんとご挨拶することができました。

いかにエゾシカが恐ろしいかがようくわかりました。

これからは、野生のシカを見つけても喜んで抱きしめたりしません。


今年の狼祭も近づいてきましたね。

円山動物園での参加型イベントにはなるべくしのびこみたいと思っています。

そうそう、円山動物園ポストカード展2010 に今年初めて応募してみたのですが、

maruyamazoopostcardten201003_20100321085214.jpg

maruyamazoopostcardten201005jpg.jpg

きりんのゆうまとななこなつ、白い双子が売り切れていたよー、と友人から教えてもらいました。

白い双子はシンメトリーのようで、実は顔を違えてありますよ。むふ。

お買い上げくださった皆様、ありがとうございました!

私には1銭も入ってきません。動物たちのエサ代になります。

来年もまた、エサ代になるような絵を描けるよう、精進いたします。


さて、狼祭へ出展予定のオオカミトリョーシカ、手直ししました。

こないだ載せたときより、色が濃くなっております。

ジェイのつもり。

ookamitoryoshka2010.jpg

きなこのつもり。

ookamitoryoshka201002.jpg

ルークのつもり。

ookamitoryoshka201003.jpg

シンリン家族です。

ookamitoryoshka201004.jpg

狼祭:2010年10月17日(日)~10月24日(日)9時~17時

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

戦う日々

先日、もふもふや羽の宇宙が素晴らしくてウハウハでてふてふの写真を掲載しましたが。

円山動物園のパーマネントの日記に、ミヤマカラスアゲハ ということで完璧な標本が掲載されていました。

すごいなあ。

触覚もきれいに再現されているの。

何を隠そう5年前くらいに入手したアリの飼育キットがまだ未使用のまま家にあるのだけれども、
どうやって同じ巣穴のアリをつかまえるのかもわからず、いつかパーマネントさんをお見かけしたらば聞いてみよう・・・と思うもなかなかねえ。

そういえば、動物園めぐりの本に、円山動物園は植物園とみまごうほどに緑豊かだと書かれていた。

あの山動物園もたいそう人気だけれど、私はいつみてもゴミがほとんど落ちていない緑もりもりの円山動物園が好きです。



さて。

実はここ数日、我が家ではおぞましい出来事が起こっており、心身ともに憔悴しきっております。

食欲も失せ、ビタミンCの顆粒とすっぽんにんにくなんとかを飲んで栄養補給。

下駄箱の整理をいつかやろういつかやろうと5年も経過した罰なのか。

心細くなると急に良い子になろうとする私です。

早速お掃除開始。

思い切って、箱から全部出して並べてみると、そっちのほうがすっきりしました。

神様、先日やり残したクローゼットのお片づけもやりますから、どうかもう許してください。


おまけ。

ひのまるはトヤ中(後半戦)です。

P1150451b.jpg

P1150448b.jpg





羽に宇宙

アレルギー検査の結果を聞きに病院へ行き、職場へ戻るのに小走りになっていたとき。

視界の端っこに何かが映った。

左後方の地面。

初めは鳥の羽かと思ったけれど、近づくと・・・。


















































P1150358b.jpg

弱っているだけかと思ったけれど、亡骸だった。

そうとわかってから、そっと拾い上げたんだけれど、ものすごく乾燥していた上に、突風で片方の羽がもろく崩れ飛んでしまった。

ごめんよ。きれいな姿で残っていたのに、ほんとうにごめん。

そのまま両手で隠すように持ち帰り、じっくり観察。

P1150361b.jpg

カラスアゲハなのかな。

私は蝶というと、モンシロチョウ、モンキチョウ、キアゲハ、カラスアゲハくらいしかわからない。

P1150354b.jpg

蝶々は羽を触ってはいけないと教わっていたので、なかなかつかまえてじっくり見たことがなかったんだ。

P1150355b.jpg

小さいカメラなので上手く撮れていないんだけど、羽にはもふもふがある!

触ると、ビロウドみたい。

もふもふ!!!

P1150356b.jpg

ちゃんとストローが丸まってる。

P1150357b.jpg

かわいいよね、きれいだよね。でも写真だと、その美しさの100万分の1ほどしか伝わらないねえ。

P1150363b.jpg

土に還してやるのがいいのだろうけど、あまりにもきれいなので大事に持っていようと思います。

ガラスの、平たいビンを探しに行こう。

きれいなお花と一緒に、入れよう。



その他の結果

kozu夫妻の巣へ行ってきました。

庭でバーベキューをやるから来るように、と言われたのです。

araさん夫妻が19:00着ということだったので、それに合わせてその日のスケジュールを綿密に立てていたところ、18:00くらいに豪邸の主①だか②だかからお電話。

araさん夫妻がもう着いたからただちに来いとのこと。

無理です、そんな1時間も巻くなんて。

泣きながら大急ぎで用事を足すも、結局19:00のお約束すら守れませんでした。

遅い 待ちくたびれた ノロマ 人間のクズ などと叱られたものの、その後は和気あいあいと。

P1150298b.jpg

食べ物はたくさんあるだろうからと、★のマークのビールやらブドウやらを持参したのですが

天敵から ブドウ焼けってのかこのとんちんかん と罵倒されました。

P1150296b.jpg

P1150299b.jpg

P1150301b.jpg

大泉犬やハナさん、それにオスカルだったかセバスチャンだったかフランシーヌとかいう名前のシマリスにも会えて大満足です。

P1150305b.jpg

あんまりなティッシュケースも、今となっては初秋の良い思い出です。

P1150304b.jpg

さて。

先日、爬虫類占いを掲載しました。

DSC_5375u.jpg

本当ならばぜひとも来園してやっていただきたいのですが、本土とか他の惑星にお住まいの方のためにこっそりと最後のほうにその他の結果を掲載しておきます。

DSC_5416.jpg

円山動物園に来ると必ず先に見るのがこちら。

初めて瞬膜を撮れました。

DSC_5418b.jpg

あと、これも消えずに撮れました。

DSC_5424b.jpg

その日のお気に入りはこれ。

DSC_5438b.jpg

子犬はみるみる大きくなっています。

DSC_5496.jpg

おとーさんは大きい。

DSC_5507.jpg

ワニのしっぽは折られ。

DSC_5514.jpg

先日濁っていたこちらは、

DSC_5378ha.jpg


一皮むけてぴかぴか。

DSC_5525.jpg

では。

その他の結果をば。

DSC_5515.jpg DSC_5516.jpg DSC_5517.jpg DSC_5518.jpg DSC_5520.jpg DSC_5521.jpg DSC_5522.jpg DSC_5523.jpg 

いかがでしたか。

結果の文言には、?なこともあるかもしれませんが、そんな時には※マニアック飼育員のあっぱれblogをじっくりおさらいしましょうね。

なるほど、このことか!と納得ですよ。

円山動物園本田氏のブログ 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ
にほんブログ村

最後にたずね虫あり

生粋の道産子に、この湿気は地獄です。

食欲がないので、昨夜の晩御飯はこれ。

P1150090.jpg

北の大地ではメロンはこう食します。


さて。我が家のトリたち。

ひのまるはトヤが始まってしんどそうですが、私の朝のバタバタをいいことに、ちゃっかりバッグに飛んできて、

P1150247.jpg

ずずず、と下がり、まったりしていたりします。

P1150253.jpg

馴染んでいます。

P1150255.jpg

止まり具合も快適なのか。

P1150257.jpg


よもぎはお手入れに余念がありません。

DSC_5411.jpg


DSC_5698.jpg

DSC_5704.jpg

このときに目が合って、盗撮がバレました。

DSC_5634.jpg

その後のことはとてもとても書けません。

さて、明日は先日でっかい黒いブオンブオン音が出る車でいやがらせおすそわけしにきてくれた夫婦の御殿にお邪魔します。

これをもらったのですが、一体どう使えというのでしょう。

DSC_5386.jpg

思いつかなかったので、傷だらけだったトリの天敵に言われたとおり、

ハチミツをたっぷりかけて、ロングメロン、と説明し、よも嫁に食べさせました。

たくさんのとれたてをありがとう。

DSC_5388.jpg


ところで。

昨日、円山動物園に行く途中のこの道で、

DSC_5414.jpg

モードなおしゃれさんを発見。

注)てふてふに似て異なるものが苦手な方はクリックしないでね。

DSC_5415.jpg

アタマとか、すごいふわふわなの。

この配色、秋のおしゃれにとりいれよう。

この子が誰かを知っている方は、どうぞ教えてくださいな。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。