2010年07月

おはよう、と声をかけると、出て行け、と答えてくれる朝のよもぎです。

yomosama2010072901.jpg

かわいいなあ。


かわいい、といえば、吉田さんのお孫さん。

maruyamazoo2010072901.jpg

レンボーちゃん、お客さんにサービス満点って本当だった。

最初はタオルで遊んでいたのに、わくわくして待っていたら、見せてくれましたよ。

maruyamazoo2010072902.jpg

maruyamazoo2010072903.jpg

常連さんらしきキャノン砲を持った方や、ものすごく高そうな望遠目玉を携えたマスコミ関係のヒトと職員さんがいる中、匍匐前進で忍び寄って数枚撮らせてもらいましたよ。

コンパクトデジタルカメラながら、割と頑張ってくれました。

maruyamazoo2010072904.jpg

何かと話題のエゾシカです。

電流爆破金網時限デスマッチのリングが二つもあります。

maruyamazoo2010072905.jpg

かがやかんばかりの夏の円山ZOOでは、土曜の夜限定で職員同士の死闘がここで繰り広げられるんですって。

未成年は観覧できませんので、乱子は妄想するしかありません。


こちらはピリカ嬢のお夕食のご相伴にあずかろうというクロイロインコたち。

maruyamazoo2010072906.jpg

がんばれ、クロイロインコ!


全国のファンがその完成を心待ちにしているホンダシアター。

杮落しの演目はスネイクキングでしょう。寿命が延びそうです。

maruyamazoo2010072909.jpg

maruyamazoo2010072910.jpg

maruyamazoo2010072911.jpg

maruyamazoo2010072912.jpg

そういえば、吉田さんがにばんめに好きな花を見に行ったんだけど、なんかちりちりだよね。

yoshidasanngasukinahana.jpg

実物はもっときれいだって書いてあったから楽しみだったのに。

ちりちりだよ。

maruyamamori20100729.jpg

maruyamazoo2010072913.jpg

maruyamazoo2010072907.jpg


雨の日の円山ZOOと森、ミドリがきれいでお勧めですよ。

スポンサーサイト

反省

某ブログを読んで、あわてて某画像を削除しました。

ごめんなさい、もうしません。

hino20100729.jpg

yomogi20100729.jpg

時期が時期だし、偶然だろうけれど、あまりにタイムリーだったので、お漏らししそうになりました。

反省反省。

自粛自粛。

招きネコインコ

サンデーモーニングは某公園にひのを連れて日光浴。

P1140680hinoyomo.jpg

P1140688hinoyomo.jpg

そよ風が心地よいので、ひのも私もぐーぐー寝ました。

P1140684.jpg

午後はオタルへ。

潮祭りです。

P1140695.jpg

この日はアンティークの小紋に草木染の博多帯で。これも半幅を二筋太鼓にしています。

P1140694.jpg

屋台でカクテキを売っていました。その名も「おっさん屋台」。

P1140699.jpg

昔から 男らしい! と褒められるのは食生活に問題が?

打ち上げる数は某川の花火大会よりぐっと少ないけれど、とてもいい雰囲気。

背後に突如として現れたカップルの♂が、いちいち打ちあがる花火にコメントしちゃう病気だったみたいで、

それさえなければ尚よかったんだけどね。

P1140729.jpg


最後にひのまるの手招き写真を。

P1140735hinoyomo.jpg


このポーズで 

ちちちち(私が舌を鳴らす音のマネ)ひのまる おいで! 

と私を呼びます。

真夏の夕の悪夢

久しぶりに行ってきました。北の大地が誇る円山動物園。

なんか、エゾシカのところにデスマッチのリングができていました。

怖いなあ。

DSC_3914.png

しきりと角をこすりつけている様子。

ねえ、なにしてるのー と問うも応答無し。


おっきい犬達の子供が生まれたのは知っていたけれど、生で見るのは初めてです。

いいお尻ですね。

DSC_3921.png

DSC_3922.png

なにやらいそいそとしだしてなにごとかと思いきや、ユミヤマンと肉登場。

DSC_3923.png

子犬を先に行かせるおっきい犬の親たち。

えらいなあ。

お母さんもお父さんも、本当にえらいなあ。

DSC_3925.png

自分のはもうもらったのに、おっきい犬のお父さんが肉をくわえているとそっちが気になっちゃう子犬。

DSC_3927.png

でもお父さんは怒らず、子犬にゆずってやります。

DSC_3926.png

そうして子犬が放置したほうのお肉を食すわけです。

なんだか、乱子とよもぎのお嫁さんの日常を彷彿とさせます。




閉園間際とはいえ、ララの前には人っ子一人居ません。

あの頃の騒ぎとはうってかわって、静かに穏やかに時間が流れていました。

DSC_3936.png

お勧めはヒマラヤグマです。

あの有名な白い双子に負けないくらいのかわいさっぷり。

DSC_3942.png

望遠レンズを持ってこなかったのが悔やまれます。

DSC_3943.png

DSC_3946.png


DSC_3956.png

最近、死亡説が流れているこちらの館の主。

北海道四季劇場ならぬ、北海道本田劇場(新・爬虫類館)の工事も着々と進んでいるようです。

柿落とし公演は「ヘビ芸術祭」でありますように。

DSC_3957.png

DSC_3963.png

今年の夏の円山動物園は楽しそうです。

なんかキッ★ニアみたいなこと、やるのだそうです。

働いて、お給料(ZOOという通貨だって)をもらえます。

DSC_3964.png

キッ★ニアもそうだけど、なんでオトナはできないのかしら。

100万ZOO、稼ぎたい。

子供ってずるいずるいともやもやした気持ちを振り払うべく、森を抜けて帰ることに。

この時期は気をつけないと彼らに遭遇しちゃうから、あんまりじっくりとは見ないようにしながら撮影。

DSC_3968.png

アジサイがきれいだなあ。

DSC_3972.png

DSC_3978.png

DSC_3980.png

DSC_3981.png

DSC_3982.png

うっとりしすぎて、気がゆるんだのでしょう。

彼と遭遇。

※※苦手な方はクリックしないでくださいね。絶対に。

DSC_397902.png

向こう5年分の勇気を振り絞ってぱしゃ、しましたよ。

吉田さんのブログでなんたらのさなぎとかもだいぶ見ちゃっていたし、どうにかこうにかね。

このあたりの造りとか、もうほんとになんというか・・・。

どうしよう、夢に出ちゃったら。

※※苦手な方はクリックしたらいけません。

DSC_3979.png

彼が変身して何になるのか知りませんが、がんばって生き延びると良いですね。私の目に触れないところで。

DSC_3977.png

思わぬトラップに傷ついた心を、クロイロインコが癒してくれましたよ。

DSC_3993.png

DSC_4005.png

DSC_3994.png

かわいいなあ、クロイロインコ。

よもぎとくるみ

よもぎ様のケージのお掃除をしに行ったら。

こんなことに。

yomogisamaasobi.jpg

乱子の手作りおもちゃ、遊んでもらえたみたいです。

yomogisamaasobi.png

紙コップの中に、細長く切った紙をぎゅうぎゅうに詰め込んだだけ。

yomogisamaomocya.png

遊んでくれたのが嬉しくて、1日半分だけと決めてあったのにお嫁さんに内緒でくるみを進呈。

yomogitokurumi1007.png

くるみ、おいしいね。

yomogisamatokurumi.png

足・・・目・・・。

yomogisamatokurumi02.jpg

そうそう、そのくらいだと、ヨウムもかわいいな、って思ってもらえるよ。

何、考えてるの

だいぶ、よも紋が治ってきたよ、と見せたときのよもぎ様。

怖いよ。

yomomon04.png

御所車乱子の非日常

オンナ三匹のお泊り会。

昨年と同じお宿にて。

DSC_3711.png

DSC_3710.png


DSC_3708.png


お部屋も同じタイプ。

もともと14室しかないお宿ですが、この2部屋は離れたところにあるので、他のお客様と会うことはまずありません。

そこが、好き。

錦秋はすでに予約が入っていたので、今年は蛍夜。

DSC_3702.png

DSC_3592.png

今年のお菓子は立葵。

DSC_3594.png

DSC_3596.png


伯母も71歳になりました。

辛い抗がん剤をやめて、すっかり元のとおりの逞しい体型です。

DSC_3630.png

DSC_3627.png

DSC_3629.png

DSC_3625.png

DSC_3635.png

3人でまたこうして来られて、本当に良かった。

DSC_3632.png

温泉の楽しみといえば、やっぱり和食。

ここのお宿のいいところは、個室で懐石をいただけるところ。

バイキングは面倒くさいし、かといってお部屋食は匂いがついていや。

でも別棟とかのお店に足を運ぶのもいや。

そんなわがままなご婦人(ママン&ママン姉)にぴったりですね。

お部屋を出てすぐに、この個室がずらりと並んでいます。

泊まるお部屋によって個室が違うということを、今年発見。

DSC_3645.png

食前酒は北海道産のワイン。私はワインが飲めませんが、かろうじて白なら。

DSC_3641.png

シャンパンのフルボトルはなんとサービス。

DSC_3646.png

母はあまり飲めないので1杯だけ。

私と伯母は、全部を飲むのは無理だから、お部屋に下げてもらって、夜にまた飲もうと言っていたのに
気づいたら空っぽでした。

恐るべし伯母。


突出し

積丹産蝦夷鮑と雲丹の塩水仕立て 土佐酢ジュレと共に
芽キャベツ・ラデシュを浮かべて

DSC_3638.png

前菜

フランス産のトリュフ 白魚 唐墨(カラスミ) タプナードソース
余市産桜鱒のスモークと鼇甲卵のロール レフオール フィヨルドルビー
畳鰯と有機野菜あられサンドウィッチ キャビア
千歳玉置農園の有機野菜 香草風味のエスプーマ

DSC_3639.png

DSC_3642.png

DSC_3643.png

DSC_3644.png

おしのぎ

炙り鰤のにぎり寿司
酢取り生姜
アンデスの岩塩で召し上がれ

DSC_3649.png

吸物替り

地蛤のロワイヤル グリンピースのすり流し
牛乳の泡 木の芽風味

DSC_3650.png

そしてそして。

御造りの登場の仕方がインパクト大。

マジックが始まるのかと思いましたよ。

今年わたしたちの担当の仲居さん。見目麗しい。

DSC_3654.png

(大間産)鮪中とろ (羽幌産)牡丹海老 (国内産)真鯛活〆 あしらい一式 山葵

DSC_3659.png

焼き物

(国内産)甘鯛の松笠焼き 谷中生姜 すだち

今年のお料理の中で、ピカイチだったわー。

DSC_3666.png

煮物

羊蹄産寄せ百合根
お野菜 味噌飴 柚子

DSC_3668.png

DSC_3682.png


箸休め

季節フルーツの氷菓

DSC_3669.png

強肴(しいざかな)

国産の黒毛和牛 備長炭の炭火焼
千歳玉置農園の有機野菜添え

又は

蒸し鱈場蟹のこのわた黄身焼き ライム

又は

(調理長おすすめ)
フォアグラカナールのポアレ ルッコラ
生湯葉のフレンチトーストとスティック
春苺のソースを流して

DSC_3675.png

DSC_3676.png

DSC_3680.png

普段が粗食なだけに、この頃になるとすでに腹12分目。

不覚にも、このメインの面々は辞退してしまったわたくし。

食事

ご飯(白米)(自社ブレンド米 ななつぼし おぼろづき)
止椀 青さのり 小葱
香の物 三種盛り

DSC_3681.png

ごはんも辞退。

食後

手作りアイスクリームと旬の果物 フルーツソースを流して

DSC_3684.png

これは別腹。

ごちそうさまー。

お部屋に戻ってのんびりしていたら、お迎えが。

車に乗って、別の建物へ。

ママンはフェイシャルエステ、私は整体とリフレクソロジーを。

背中はやめて、と言えずにくすぐったいのを歯を食いしばって我慢。

コリもほぐれてご機嫌でお部屋に戻ったらば、伯母が瓶ビールを空けちゃってる。

深夜2時までガールズ(ガール・・・)トークを繰り広げ、就寝。

翌朝。

普段、朝は食べない私に怒涛のラインナップ。

DSC_3687.png

お飲み物

余市倉島牧場産牛乳
北王よいちのつがるの林檎ジュース
千歳玉置農園の有機野菜の青ジュース

DSC_3691.png

お刺身

市場からの新鮮な白身魚(甘鯛だった、と思う) 紅立 花穂 山葵

DSC_3688.png

火の物

噴火湾産活帆立貝焼き 生姜の香り

DSC_3693.png

小鉢

定山渓大村商店の寄席豆腐

蒸し物

千歳玉置農園の有機野菜色々
胡麻ドレッシング

DSC_3696.png

箱物

出汁巻卵(定山渓佐々木農園の有精卵と美味出汁をしよう)
白老産甘白鱈子 利子離散昆布山葵 焼き海苔
本日の焼き魚(紅鮭)と卸し春大根 
千歳玉置農園のルッコラのおひたし 糸がつお

DSC_3694.png

DSC_3695.png

小鉢

十勝本別町産の大豆黒豆納豆

サラダ

手作り腿ハムと季節の有機野菜色々

DSC_3690.png

さらにいろいろあったけど、面倒くさいのでこれでおわり。

DSC_3617.png

ママン撮影の乱子。

ほぼ100%傾きます。

脳ドックとか、行ったらいいんじゃないだろうか。