2007年05月

バードキャリー 届く そしてひのまるは・・・

バードキャリーが届きました。

何せ海外モノですから万が一を覚悟は当たり前。

良かった良かった。

もう慣れっこになりましたが、やはり梱包は日本の業者さんにはありえないほどの「簡易」っぷり(笑)
余計なゴミが出ないのはいいとして、あきらかに中身チェックしたんだろうな、というような切り裂き傷などがダンボールにあり、切り裂くのはいいけれどちゃんと補修してよー、と思います。

ぶつぶつ。


さて、こちらがキャリーです。
思ったよりも渋いオリーブグリーンでした。登山や釣りなどのアウトドアグッズによくあるオリーブグリーンです。
そして軽い!この軽さはチビで力無しの私にはとってもありがたいです。
肩にもかけられ、たすき掛けもできます。


carrier00.jpg



写真に文字を入れたのですが小さすぎてわかりにくいかと思います。
ご質問などございましたらお気軽にコメント欄がらどうぞ。


carry01.jpg



008.jpg


全面と両サイドがステンレススティールメッシュになっているので中の鳥さんは飼い主とのアイコンタクトができますし、景色を見ることができます。
どのくらい見えるかというと・・・

kukkiri.jpg


このくらいはっきりと見えます。(ちなみにこれはサイド部分から見たところ)
ケージのように縦横の格子に邪魔されることもありません。

アーチを作っている骨部分の裏側にはおもちゃを吊り下げられるようになっています。(左右それぞれ2個ずつリングがついています)

止まり木やエサ入れも穴のあいている範囲で好きな位置に調節できるのでいろいろな鳥さんに対応できそう。

底部分は、写真のように下敷きのようになっていて、マジックテープで固定されているので汚れたらべりべりっとはがして洗えます。

自作の底板を作っても良いかも。

私の一番のお気に入りは片方のサイドがびょーんと伸びるところ。(虫取り網のように)

ちなみにこうしてぱしゃぱしゃ写真を撮っているうちにひのまるがキャリーに入ってみようという気になってくれたもよう。

しばらくは手の上からじーっと見ていたのですが、

よいしょ

anyo.jpg


おおお ひのまる 勇気あるねぃ





やっぱりやめる



anyoyameru.jpg


ああああ 片足が戻ってしまった・・・




でも気になるのー

demokininaru.jpg


そうでしょそうでしょ気になるでしょ

がんばれひのまる

オトコなら乗ってみろ



えい

nottemita.jpg



おおおお ひのまる よくやったねぃ 冠羽が立っちゃってるけど

男らしぃぃぃぃ!!!


かじかじもする

sassokukajikaji.jpg


かじかじもできるなんてすごいねえ

あ・・・ その体勢はいつもゴミ箱へ降りる時にやる・・・




バックで降りてみる


bakkudeoriru.jpg



降りて降りてーーー 


よいしょ


bakkudeoriru02.jpg


その調子ー


やっぱ やめるかも


bakkudeoriru03.jpg



えええええええ やめるのぉぉおおお そこまでしといてやめるのぉぉぉぉ



!!!! 降りるもん(怒)


bakkudeoriru04.jpg


いいぞいいぞー


降りた!!!!

すごいー? ねー すごいー?

ochitsuku.jpg



ひのまる すごいよー 初めてのキャリーなのに自分から入ったねー

(ちなみに今までのキャリーは何度も使っていながら自分から入ったことはない)


ふーん こんな感じなんだー


tenken.jpg



(あまりにもこの姿勢が続くのでなんだろうと思いましたが、底の下敷き部分がつるつるの黒なので、そこにひのまるが映っていたようです)


飽きたー

tenkenowari.jpg



あ、もう飽きたの そう・・・ もう飽きたんだ


割と気に入った



P5270742.jpg



・・・それはなにより

にほんブログ村 鳥ブログへ ←ひのまるに愛の手を



スポンサーサイト

バードキャリー

欧米ではペット用品が充実していてうらやましい限り。

たとえば災害時の犬や猫用のテントはあっても鳥のものは日本ではまだ見かけない。

この間なにげなくCBSニュースをネットで見ていると2005年の記事にペットを安全に旅させる・・・というのを発見。

そしてバードキャリーの紹介も出ていたのでチェックすると、あるわあるわ、さまざまなバードキャリー。

しかもステンレススチールメッシュとファブリックで出来ていたりするので、鳥にもストレスが少ないとか。

そういえば、ひのまるの誕生日にはオカメママさんたちから素敵なプレゼントをいただきウホウホしていたものの、自分ではこれといったプレゼントをしていなかった・・・。


ひどいひどい。

2歳になったのにー。


omoidashiwarai.jpg



そこで早速、飛行機の座席の下にもフィットする、というキャリーを注文することに。(残念なことにANAもJALも2005年からペットの機内持ち込みを禁止にしました)

外見は旅行用のボストンバッグ。

20070523103615.jpg


止まり木やウォーターボトル、おもちゃを取り付けることができるようになっていて、さらにバッグのおしり部分がびよーんと伸びて広くなったり・・・。

注文して4週間くらいで出来上がり届けられるとのこと。
色はオリーブとゴールドがあり、私はオリーブにしました。

手元に到着したら詳しくレポートします!!



にほんブログ村 鳥ブログへ ←ひのまるに愛の手を


白いひのまる

北海道のお菓子というと「白い恋人」が有名。

私も小さい頃から大好きで、特にこの24枚入りの缶のデザインが好きです。



「白い恋人」はまだ無名のお菓子であった頃、ANAの機内茶菓として置いて欲しいという売り込みがあり、飛行機の中で配ったところ(当時はまだそういうサービスがありましたよね。私は小さい頃からよく飛行機に乗っていて、このサービスも楽しみのひとつでした・・・。)、またたくまに人気になったそうです。

東京から友人が来ていたこともあり、ベタな体験をしたいとの希望があったので「白い恋人パーク(チョコレートファクトリー)」に行き、「私の白い恋人」作りに挑戦。


こんな工程を経て・・・

sakusei07.jpg


ホワイトチョコペンでお絵かきします

マトリョーシカの女の子の顔、そして「白いひのまる」

shiroihinomaru.jpg



ちゃんと袋詰めもして専用の箱に入ります

fukurodume02.jpg


大きさは、普通の「白い恋人」と比べてご覧のとおり!
パッケージにちゃんと「私の白い恋人」って入っています。

hikaku.jpg


もったいなくて、封を切ることができません・・・。

写真を撮っておいて良かったー。

ばかしをん、ひのまるきょとん、おかいもの

私は自他共に認める「妄想王」です。
くだらないことばかりを頭に思い浮かべてはうすら笑いを浮かべたり、勝手に悲しんだり、怒ったり。

くだらないことを考えるのは父譲りです。
私も父も、罪の無いブラックジョークなどを思い浮かべては相手に話す前にニヤニヤしだすので、母などは「また、何を良からぬことを考えているの?」とあきれています。


「サトラレ」という自分の考えていることが周囲に聞こえてしまう特殊人間の映画がありましたが、あれじゃなくて良かった。

先日、ニュースのヘッドラインに「内股で優勝!!」と書かれてあるのを見た私は、突如にやりにやりと笑い出し、夫を怖がらせました。

ひとしきり笑い終え、夫に向かってこのポーズ。

ひのまるは肩の上で「何してんの?」と言いたげに首をかしげました。

uchimata02.jpg


「うちまたで優勝」。

夫は笑いながらカメラを探し、「証拠写真を残してブログに載せることね、もう一回!もう一回!」とぱしゃり。

ばかですねえ。

でも人から笑ってもらうのって気持ちが良いものです。

「はねるのとびら」でアブちゃんがやっていた「憑依」の顔芸もできるのですが、さすがに夫から「それはやめて」とストップがかかりました。

あと、アメリカのドラマ「24」に出てきたローガンだめだめ大統領
の顔芸とモノマネもできるのですが、夫のツボにハマるようで毎回ひいひい言いながら「苦しいからもうやめて・・・」と別の意味でストップがかかります。

今度は何で笑わせようかなあ。

ちなみにひのまるは、私たちが笑うと一緒になって「ふぉふぉふぉふぉふぉふぉ」と笑います。

正確には笑い声のマネですが、なんだか一緒になって楽しんでいるようで嬉しい。

ふぉふぉふぉふぉふぉ。

そして、久しぶりにこんぱまるさんでお買い物しました。


beerperettookame.jpg


ペレットはひのまるはおもちゃにしかしませんが、少しでも口に入っていれば良し、ということで今までより小さい粒の「フレーク」に。

あとはビール酵母と乳酸菌、そしてハーブティー。

オカメストラップは胸のところにキラキラストーンがぽちょんとついています。

かわいいなあ。

これならひのまるにかじかじされる心配もなし。

いいお買い物でした。

ひのまる、ぴよぴよ

ひのまるは、うすっぺらいモノを持ち上げたり、落としたりするのが大好きです。

ハガキなんかは大喜びでオモチャにします。

たとえ、選挙の案内ハガキでも。


あのねー ひのまる

それってあんまりかじったり遊んだりしないでほしい

大事なハガキなの



senkyo01.jpg


・・・。

ひのまるー それさあ・・・


senkyo02.jpg


やめろ、と言われれば言われるほど興奮しだし、しまいには
かわいく誤魔化します。

「まるちゃん、 ぴよぴよ♪」と言っています。




にほんブログ村 鳥ブログへ



ひのまる、おんも、そして丸い虹

お休みの日、あまりにも気持ちの良い天気だったので夫を誘い、ベランダで朝食を摂りました。

玄米パンにミルク、それにアボガドチップスにサルサソースをつけて。

ひのまるも、もちろんおんもに出しました。
これだけ暖かければ大丈夫。

onmo2.jpg


今年初だったので最初は落ち着かなかったものの、そのうち陽の光にうっとりしはじめました。

太陽きもちいいねー、と見上げると・・・。

あれ、丸い虹???

maruniji02.jpg


ベランダからなのでうまく撮影できなかったのですが、わかりますか?

一瞬、虹かと思いましたが、これは「かさ」というものですね。

虹は空気中の水滴で太陽の光が屈折しますが、かさは巻層雲の氷晶によるもの。

まあそのへんは難しいので深くは考えなかった(笑)のですが、ちょっと嬉しい気分でした。

前日に、夫が植えたナスとトマトの苗もぐんぐん光を吸収していそうです。

nasutomato.jpg



私は・・・はじめてビオラを植えました。植え方がへたくそだし、お花の選び方もわからず「ひよひよ」です・・・。
ガーデニングが趣味のママンに教えてもらってから植えるべきでした・・・。

biora.jpg


↓ママンのお花

niwaniwa.jpg



にほんブログ村 鳥ブログへ


ひのまる、こちょこちょ

ひのまるがまだ幼い時、母が「こちょこちょこちょこちょ」といいながらひのまるの嘴をくすぐったのを覚えてしまい・・・

かまって欲しくなると「こちょこちょ」を言い出すひのまる。





ゆっくりなでられたい時とはまた違うらしく、からかうように嘴をつまんだりしてやると喜ぶようです。


にほんブログ村 鳥ブログへ




しをんそう、木を彫りたくなる

消しゴム彫りに夢中になった黄金週間ではありましたが。

しをんそうは「木」も彫りたくなっております。

それは。

birdc01.jpg


これを見に行ってしまったから!!!

愛鳥塾で知り合った雪丸さんはバードカービングをしています。
ある日本物そっくりに作られたインコを見て「私も作りたい」と始められたそうです。

バードカービングというと「野鳥」というイメージしかなかった私は目からうろこ。

わくわくしながらギャラリーへ。
まっさきに雪丸さんの文鳥ーズを探し、いましたいました!!!!


buncyo.jpg


buncyo02.jpg


かわいいいいいいいいいい。
もうギャラリー内でダントツにかわいかったです。
思わずお持ち帰りしてしまおうかと・・・。

しかも、私は知らなかったのですが、「桜文鳥」の名前の由来は「頭の白い羽模様が桜の花びらを散らしたようだから」だそうなのです。
雪丸さんのブログで知った私は、こだわりの「花びら模様」もしっかりと観察してきました!!

他にも力作が並んでおり、しばし鳥たちにかこまれた幸せな時間でした。


mejiro.jpg

P4300436.jpg

suzume.jpg

washi.jpg



わーん、彫りたいよぅ。


にほんブログ村 鳥ブログへ

しをんそう、インテリア考そしてはんこ彫り

少し前から巷で流行っている消しゴムはんこ。
もうずいぶん前に材料をそろえたにも関わらずいっこうに着手していませんでしたが。

作りました。

来年のお年賀用・・・。

本当は今年用に作ろうと思っていたのが今に至りました。
わはははは。

hanko02.jpg


これは下記の本に掲載されていたお着物姿の女の子をアレンジし、ひのまるを加えてみました。(胸筋の割れもついてます)

せっかちな私はついつい彫りすぎたりして雑ですが、けっこう小さいサイズなのでこれでもよくやったと自己満足。
(ひのまるは縦が2センチくらいです)

hanko01.jpg


「消しゴムはんこ。で年賀状」という本ははんこ用の消しゴム付(けっこう大きめ)だったのと、表紙がかわいかったので思わずゲット。

干支も1年分掲載されているのでず~っと使えそうです。



ちなみに、付録以外のはんこ用消しゴムは、「はんけしくん」が一番彫りやすいです。



彫刻等はかなり本格的な三角刃の小さなサイズを用意したほうがいいかと思います。
カッターで彫る方法もありますが、細かい作業は慣れていないと難しい気が・・・。

周りの余計な部分を落とす時は丸刃がいいです。


さて。

GWだというのに、わたしはおうちにひきこもり。
というのも普段なかなかおうちでゆっくりできないので、休日はのんびりと家のインテリア計画などを立てるのが楽しみなのです。

インテリア計画といってもたいそうなものではなく、雑貨カタログなどを眺めては、「これもいい、あれもいい」と妄想する程度。

雑貨好き、小さなもの好きの私は気をつけないとすぐに部屋がごちゃっとなってきてイライラの原因に。

なので、おうちに置くものはなるべく統一感があるものにして、欲しくても不必要だと思うものはじっと我慢。

じっと我慢・・・のはずなのですが。

こんな葉っぱが並んだり

table.jpg


(いったいこれは何に使うものなのか?)


普段は手盆のくせに木製というだけで買ってしまったトレイ2つ。

tray.jpg



ほとんど開けられることのないかわいそうなお針箱。

oharibako.jpg


(開けることがほとんどないのにさもお裁縫するかのように飾る)

きわめつけは・・・


羊・・・。
はじめは大きいほうの羊だけだったのが、小さいほうも増やしてしまい・・・。

me.jpg


ああ・・・。
あきらかに生活には「不必要」。

でも。「インテリア」としては必要!!!!

街に出かけていろいろなお店のディスプレイなどを見てはため息をつく日々。

ああ・・・いろいろなテーマのおうちがいっぱい欲しい・・・。

いやいやそんなわけにはいかないので、スカンジナビアテイストを生涯(!)のテーマにしましょう。

最近のお買い物はやっと実用的なもの。

それがこれです。


pen01.jpg


ただのペン立てですが、こうして分解できてクリップやらピンやらを上手に隠してくれます。


pen.jpg


久しぶりに良いお買い物をした気がします。

るん♪


にほんブログ村 雑貨ブログへ


にほんブログ村 鳥ブログへ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。