100キロ

詰めが甘い、爪がやばい ⑩ 〜あなたのお茶と向こう側〜

さて。

ミスターペースメーカーと一緒に歩くハメ事になったわたくし乱子。

目立ちたがりの人見知りという特殊仕様になっているため、とにかく何かのキャラだてをしてこの事態を乗り切ろうと四苦八苦します。

普段ならどうにかできるキャラ立ても、この疲労と足の暴れ馬の世話に追われてアイデアが浮かびません。

ミスターはそんな私に気づくはずもなく、無邪気にいろいろと話しかけてきます。

7割5分は真っ赤な嘘をついて答えていましたが、ふとこちらからも質問したくなりました。

あのリズムをとったかけ声はなんて言っているのですか

するとミスターは怪訝そうに私を見て、

リズム・・・?

と言うではありませんか。

シュッヒシュッ シュッヒシュッ ツピー 

シュッヒシュッ シュッヒシュッ ツピー 

っていうあれですよ

と申し上げると

ええええ・・・あああ・・・それはね、しんどくてヒーヒー言っていただけ

とミスター。

!!!!!!

あまりのことに足の暴れ馬も一瞬はるか彼方の草原へ駆けて行きそうになりました。

なんたる残念な現実。

私はそれを、歩き慣れたアスリートが刻む絶妙なリズムだと勘違いしていたというのに

しんどくて言っていたヒーヒーとは何事か!

一気に初対面の緊張感がふっとび、

変態ですね

という内容を丁寧でまわりくどい表現にして発言してしまいました。

その後も会話が途切れるとミスターはしばらく我慢していたヒーヒーを漏らし

なるほど至近距離で聞けば確かに

シュッヒシュッ ツピーではなく

ひゅぅぅう ひーぃ ひゅぅぅう ひーぃ だったのでした。

残念ではありましたが元気づけられたのは確かで、第9CPまではあっという間。

ゴールまではあと4.8キロを歩けばいいだけです。

この頃になるとじりじりと照りつけてくる太陽が体力を消耗させますが、カラ元気を振り絞って出発することに。

ミスターが準備中だったので

では先に行きますからいつでも追い越してください

と告げると

そんなこといわないで一緒に行きましょうよ

とまたまた無邪気に言われました。

だから人見知りだって言ってるのに・・・(言ってないけど)

しかしせっかくのご好意(?)です、これも100キロの戦いにおいてのひとつの試練なのだと覚悟を決めて
ふたたびミスターと並んで歩き出します。

乙な話も粋な話もできないまま、意外に長く感じる4.8キロ。

暑さで参って来た頃にまたもやしんしんとさわさわが登場です。

しんしんは、一緒に歩きながらレモンを差し出してくれました。

普段からレモンの丸かじりなど当たり前な乱子です。うれしくてかぶりつきました。

紙コップに入ったお水もくれたので、てっきり飲むためかと思ったら指を洗うために用意してくれたものでした。

なんたる心配り!

飲むやつかと思ったー

と笑うと、飲むようにさらに新しいものを用意してくれる徹底ぶりです。

お隣の方にもどうぞ、としんしん

レモンをミスターに近づけると、

手袋を脱ぐのが・・・と面倒くさそうに言う始末

見かねたしんしんが げんぞー!食べさせてあげて! と叫ぶので

仕方なくミスターの口にレモンを皮ごとねじ込んでやりました。

あっ 皮は食べないほうが・・・

としんしんがつぶやくのを聞いたような気がしますが死にはしないでしょう。

876.jpg

その頃ゆきゆきはというと・・・

879.jpg

あれ?なにかが足りないように思えますが気のせいでしょう

880.jpg

いえ、やっぱりあきらかにアレが無くなっていますが、そんなことは良いのです。
大事なのは、ゆきゆきがあの膝で歩き続けている、という事実です。

思えば軽い気持ちで参加した100キロの戦い。

30キロ歩けば、えらいよねえ

などとはしゃいでいた私たちをリタイヤさせてくれなかったサポーター

その後、ロクオンジとトシちゃんに励まされ歩き続けるも、ついにリタイヤした際には根性無しと叫ばれ、
悔しくて参加した2度目はバラバラになった私たち。

3度目の挑戦も、バラバラにはなってしまったものの、お互いの根性を信じて歩き続けました。

ゴールを確信した私は先にゴールしているふみふみへメールしました。

そして。






























130616_110921s.jpg

882.jpg

884.jpg

885.jpg

130616_113807s.jpg

893.jpg

ついに辿り着いた痛みの向こう側。

待っていたのはふみふみ夫妻と美味しいお弁当。

130616_123759.jpg

反省会と称されるこのランチタイムでは、完歩した方のエピソードなどが語られます。

件のアフロはスーツに革靴で完歩していました。

すごい・・・。

ほたるイカの素干しみたいになった身体にしみ込んで行ったのは、お〜いお茶かと思いきや

あなたのお茶。

anatanoocya.jpg

あいつのほうがメジャーになっちゃったけど、始めたのは俺だったんだよ!俺が最初だったんだよ!という雄叫びが哀愁漂います。

anatanoocyaura_m.jpg

ビールは、飲みませんでした。

完歩の感動に酔いしれていたので、アルコールで酔う必要などありません。

もう何度も完歩しているふみ夫から完歩の秘訣は?

と聞かれ

やっぱりね、気力よ!

と自信満々で言い切るゆきゆき。

初完歩とは思えないえらそうな態度です。

いや〜・・・完歩すると違うよね

とあまりの堂々っぷりに唖然とするふみふみ夫妻と私。

その後、私のクワガタプレゼント挟みTシャツを見て

そういう遊び心が大会中に欲しかった、とふみ夫に文句を言われつつ別れを惜しみ、家まで送ってくれるというしんしんとさわさわの車の準備をロビーで待っているとトシちゃんが外からやってきました。

トシちゃんは言いました。

ロクオンジとふたりで、あの子たちどうする?っていつも心配してたんだ

どうやったら100キロ歩かせることができるかな、って 

とうとうやったね!

と。

残念ながらロクオンジとはゴール後に会うことはできませんでしたが、無事にゴールしたとトシちゃんから教えてもらいました。

100キロ歩いたんだもの、きっとちょっとやそっとのことなんて耐えられるに違いないと、気持ちを新たに日常に戻ったのでした。

で。

肉刺まみれの足ですが。

足の小指の爪が、両方とも絆創膏の下でぱっくりと剥がれていました。

特殊絆創膏の粘着力たるやはんぱなく、蒸れまくっている靴内で指も爪もふやけまくり、柔らかくなったその爪ごと、歩行の振動で絆創膏が持って行ってしまったようでした。

いや〜、どうりで痛かったはずですよ...

ぼんぼんに腫れてビー玉みたいな指です。

爪が剥がれたあとの処置は自己流。

消毒液をふりかけて(激痛)、馬油を塗りたくったサラシを巻いて終わりです。

悶絶しているように見えますがアクビです。

P1080820s.jpg

おしまい。

スポンサーサイト

詰めが甘い、爪がやばい⑨ 〜ミスターペースメーカー〜

さて、目指すはいよいよ第8CP(スタートから86.6キロ/区間距離7.1キロ)です。

この頃になると、先に歩く人を見つけてはペースメーカー代わりにしていました。

といっても、なかなか私に合ったペースを保って歩いている人は少なく、何人目かでターゲットにしたのは同じく2本の杖を使って歩いている男性でした。

数メートル後ろからついていき、追い越さぬよう、置いて行かれぬように歩きます。

彼を選んだのは、その歩行スピードが私に合っていたこともそうでしたが、不思議なかけ声でリズムを取りながら
一定のスピードを保っていたからです。

シュッヒシュッ シュッヒシュッ ツピー 

シュッヒシュッ シュッヒシュッ ツピー 

その声を聞いていると、なんだかこちらまで足取りが軽くなるようで、ともするとつい数メートルあけている間隔を縮めてしまいそうになります。

何度か信号待ちにひっかかり、距離が縮まった際に不自然に後方でストレッチなどしていると

パッと振り向かれたりして焦ります。

とうとうある信号待ちの際に社交辞令程度の挨拶をされてしまい、人見知りのわたくし乱子、これまた超不自然に向かい側の歩道へ渡ることにいたしました。

ところが渡って歩き出してほどなくすると、同じ側を歩いている何名かは直進しているも、反対側を歩く何名かは右折していっています。

一体どちらが正しいルートなのかわからないまま立ち止まると、反対側の歩道からペースメーカーの彼が杖で右側を指しています。

こっちが第8CPだ、と知らせてくれたのです。

後から聞けば全てのCPを通過する必要はなかったようなのですが、この時は大変!通り過ぎるところだった!と慌てて戻ったのでした。

130616_072110.jpg

ここが噂に聞いていた、エレベーターに乗らないと辿り着かないCPです。

130616_072307.jpg

看板の歓迎ぶりが素晴らしい.

と思っていたらCPになっている会場ではサポーターの皆様がまるでゴールかと錯覚しそうな拍手と声援で迎えてくれました。

過去2回には味わったことのなかったこの熱烈な歓迎ぶりに小躍りしたい気持ちはやまやまでしたが、足指と足裏は暴れ馬が猛り狂っているような状態なのです。

ここでは冷たい飲み物のほか、おしるこや豚汁まで用意されていましたが私は冷えたお水を1杯いただくのが精一杯でした。

130616_073919.jpg

マッサージを受けたあと、暴れ馬に深呼吸させてやりました。

130616_074350_20130719115545.jpg

みっちみち、ボンボンに腫れている足指に巻かれている特殊な絆創膏がおわかりでしょうか。
画像では見えていない部分にもがっつがつに巻かれています。

これがあったことで随分救われましたが、まさか救いようのない事態に陥ったのもこの絆創膏のせいだったとは
この時もまだ気づきもしなかったのでした。

暴れ馬の深呼吸も終わり、小一時間は休んだのでこうなりゃ目指せ第9CP(スタートから95.2キロ/区間距離8.6キロ)です。

この頃ゆきゆきも根性で歩き続けていました。

そして私はこのCPを出ようと向かったエレベーターでかのペースメーカーの彼に出くわし、なぜか一緒に歩く事になったのでした。

つづく

詰めが甘い、爪がやばい⑧ 〜戦いは終らない〜

トシちゃんのいる第7CPまでのことはあまり覚えていません。
ゆきゆきと逆で、お日様が上ると途端にエナジーが奪われて行くのです。

昔からそうですが、陽に当たるととてつもなくだるくなり、眠くなります。

気づいた時には、驚いて目をまんまるにしたトシちゃんとハイタッチしていました。

1時間ほどこの場で休む余裕があると知り、入念なマッサージをトシちゃんから受けてやる気も復活。

ここまできたら、やるしかないな、と第8CP(スタートから86.6キロ/区間距離7.1キロ)を目指す事に。

なんの予備知識もなかった私は道の駅と聞いて食べ物があるかと期待していたのですがあるのは自販機ばかり。
手持ちの飲み物も残り50ミリリットルくらいしかありませんが、ここでペットボトルを買ってリュックが重たくなるのは嫌だったのであきらめます。

CPを出てほどなくして、主催会社の社長を発見。

ああ、昨年リタイヤしたあの啓南団地ローソンで、テレビ局の取材を受けまぶしいほどのライトの中にいたあの社長。

そのライトから隠れるようにしてコソコソとリタイヤのバンにもぐりこんだ私。

でも今年は!

思わず社長に向かってニヤニヤしながらおはようございます、と挨拶しました。

自分でもびっくりするくらいの大声が出てしまい、鳩が豆鉄砲くらったような顔になる社長でしたが

い〜〜〜い笑顔!

と笑ってくれました。

そしてしばらくすると、今度はロクオンジが向こうから歩いてきます。

おおおおぅと雄叫び合う私たち。

ゆきゆきもまだ歩いていると告げると、たいそう喜んでくれました。

空腹で胃の中はからっぽでしたが、胸はいっぱいになりました。

その頃ゆきゆきは・・・

869.jpg

ものすごくがんばっていました。

870.jpg

そしてその頃わたしは・・・

ものすごくお腹がへっていました。

わずかに残った飲み物をちびちびと飲んで凌いでいると、

結局一睡もせずに私とゆきゆきの歩く道を行ったり来たりで見守ってくれていたしんしんとさわさわが登場。

夜中の一人歩きの際に、彼らが 残りあと3キロくらいだよ! などと声をかけてくれたことがどれだけ励みになったことか。

二人とも、いくらなんでももう寝ているだろうと思っていたのに・・・。

思い切り涙をこらえたせいで鼻水が垂れてしまいましたが拭いている余裕はありません。

これが一番元気になるって!!

としんしんが手渡してくれた「速攻元気」(速攻チャージ?)は優しく空腹の胃壁に吸収されていきました。

873s_20130719110329.jpg

つづく

詰めが甘い、爪がやばい⑦ 〜それぞれの道、そして〜

第5CPでマッサージを受け、しんしんとさわさわ(!!!まだ起きていてくれた!!!)のいるバンで膝を休めていたゆきゆきが、なかなか回復しませんでした。

今年の目標は、70キロ超え。

きっとゆきゆきの膝はもう、限界だ。

時間は午前1時30分を過ぎています。

このCPの締切時間は午前2時。

スタートするならもう出ないとギリギリになってしまいます。

そのことを伝えると、ゆきゆきは続行を宣言しました。

そのかわり、時間がギリギリということもあり私もゆきゆきもそれぞれのペースで歩き待たない事

と決めました。

ふたりとも、初めての道のりです。

目指すは第6CP(スタートから73キロ/区間距離9.6キロ)。

歩き始めてほどなくして、何かに取り憑かれたように歩みを早めた私は先に歩いていた何人も、いえ20人くらいは追い越して行ったと思います。

あまりに追い抜くので、途中何人もの方から

元気だなあ

という声をもらいました。

カッパの下にダウンベストを着ているというのに、こんなに早く歩いているというのに汗をかくことのない冷気です。
リタイヤした、との連絡がないのをいぶかしんだよも嫁からは

まさか、まだ歩いているの?

とメールが来ます。

途中、車中から私を発見してくれたしんしんとさわさわが

ゆきゆきもまだ歩いているからだいじょうぶ!

と教えてくれます。

肉刺まみれの足が、どうやら大変なことになっていそうでしたが気にしないことにしました。

ゆきゆきがリタイヤするまでは、痛み止めの薬は飲まない。

密かにそう決めていた今大会でしたが、まさかここまで飲めないことになろうとは。

というのも、ゆきゆきは痛み止めのある成分にアレルギー反応が出てしまったらしく、以来飲むのを止めたのだそうです。

ゆきゆきが飲めないものを私が飲むのはフェアじゃないな、と思い貫くも、なんだか両足の小指に違和感が。

いや、それでもと力を振り絞り歩き続けているうちに白々と夜も明け始め、第6CP/北斗警備・砂川に到着したのは午前3時頃でありました。

肉刺まみれの足指の他、足裏に肉刺予備軍ができはじめ、医療スタッフにそれを伝えると両足の裏にクッション材をあてがわれ、さらにテープでぐるぐる巻きにしていただきました。

指はこれでもかというくらいに腫れ上がり、普段はある隙間が1ミリもありません。
歯間ブラシも通さないみっちりぶりです。

丁寧な処置をしていただいたのでマッサージはあきらめ、トシちゃんが待っているであろう第7CP(スタートから79.5キロ/区間距離6,5キロ)を目指します。

さて。

ゆきゆきは・・・

865.jpg

第6CP北斗警備・砂川[6/16(日)4:13 無事到着!

詰めが甘い、爪がやばい⑥ 〜橋を越えて〜

肉刺まみれの足でよろよろと歩き始めたわたくしですが、そのうち不思議と痛みを感じることもなくなっていきました。
痛みにはすこぶる弱い乱子ですが、普段は全く働いてくれないお脳のほうからセロトニンやγアミノ酪酸エンドルフィンなど出しまくったのだと思います。
こういう時のために普段は全く機能していないんだな、と納得しました。

私のほうはなんとかなってきましたが、ゆきゆきの元気がなくなりつつありました。
昼間はあれだけ暑いと文句を言っていたのに、今度は夜の真っ暗と冷気に文句を言い始めました。

わたし、やっぱりお日様が好き!

暑さでいら立ち、中世の森で狩られそうな咆哮を絞り出していたとは思えない発言ですが慣れっこです。

そうかあ

と気の無い相槌を打って黙々と歩き続けます。

ゆきゆきの不安要素であるひざの痛みがひどくなってきたようで、途中で杖を差し出すなどして凌いでもらいます。

なんといっても第4CP(スタートから54.7キロ/区間距離6キロ)には豚汁やらおにぎりやらが待っています。

昨年は、どこかの灯とふれ愛の里の駐車場をまちがえてゆきゆきと険悪になりましたが、今年は細心の注意を払います。
あきらかに駐車場でしたが、ゆきゆきが

あの灯がそうじゃない???

とヨロコビの声を上げても

そうなの?

としらばっくれます。

やがてふれ愛の里の駐車場の全貌が見えようという頃、すでに第4CPを出発しようというふみふみ夫妻と再会。

今年はちゃんと喋ってるね

とニヤつくふみ夫にゆきゆきが

杖をふたりで分け合って使ったりして仲良しよ!

と強調します。

仲良くいろいろほおばりました。

6月15日22時22分 第4CP テントにて

06152222.jpg

さて。

いよいよ第5CP(スタートから63.4キロ/区間距離8.7キロ)を目指す時がやってきました。
昨年わたしをひとりぼっちにしたゆきゆきが、今年はやる気満々でした。

あの、大きくて長過ぎる橋3つを、ひとりぼっちで歩かなくて済むのです。

途中、熱いほうじ茶が飲みたいなどとわがままをつぶやいてみたところ、しんしんとさわさわがルートの先で用意して待っていてくれた時には涙と力が湧いてきました。

キャンプ道具のバーナーで沸かして淹れてくれたあっつあつのほうじ茶。

五臓六腑に染み渡り、淀みかけた心も澄み渡ります。

ゆきゆきはもう少し休みたそうでしたが,一度休みだすととことんまで休んでしまう私は心を鬼にして再出発を宣言します。

夜霧がたちこめ、うんざりするような長い橋を歩きながら

これが、げんぞうが寝ながら歩いて頭を欄干にぶつけた場所

とゆきゆきがつぶやきます。

去年はここを、ひとりで歩いたんだねえ

今年はふたりだねえ

などと慰め合い、やはり杖を分け合ってとぼとぼ進みます。

昔から闇夜に興奮しがちな乱子でしたが、この日もなんのスイッチが入ったのか肉刺まみれの足のことも忘れ少しずつペースが上がって行く私。

膝の痛みでペースが落ちるゆきゆきを少し先でストレッチなどしながら待ち、また一緒に歩き出し・・・という繰り返しでした。

せっかくふたりで歩き出したというのに、待たない私は自分でもひどいと思いましたが、これだけの長距離を歩き続けていると、自分に合ったペースを保つということがけっこう重要なのだということに気づかされます。

無理に早めても、遅めても、どこかに負担がかかるのです。

やがて霧の向こうにローソンの灯が見えてきた頃、ゆきゆきの膝も私の肉刺まみれの足もボロボロだったのでした。

第5CP到着 午前1時過ぎ

つづく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。