白文鳥お雛様マト(改良バージョン),オカメインコお雛様マト

改良した白文鳥のお雛さまマトリョーシカと、オカメインコのお雛さまマトリョーシカです。

buncyotachibina2018021801blog_201802181506408c6.jpg


buncyotachibina2018021802blog.jpg

okametachibina2018021801blog.jpg

okametachibina2018021803blog.jpg



スポンサーサイト

文鳥お雛様マトリョーシカ

文鳥立ち雛マトリョーシカができました。

Creemaにて販売中です。

20180212buncyotachibinamato00.jpg
20180212buncyotachibinamato01.jpg
20180212buncyotachibinamato02.jpg
20180212buncyotachibinamato03.jpg

文鳥の張り子雛

御所車乱子です。

クリスマスやらお正月やら節分の豆まきやらが終わったと思ったらもう街はひな祭り騒ぎです。

お雛様を見るのが好きで、デパートの売り場を毎年チェックしに行きます。

幼少時のお雛様は渋い木目込みの立ち雛だったので、いつかお道具てんこ盛り、15段くらいののお雛様を!と思っておりましたが、住まいのスペースはもちろん、そもそも私の細腕ではその夢は叶わないとわかってからは、ますます売り場のお雛様をねっとりとした目で見るようになりました。

とはいえ、素朴なお雛様もまた魅力。
自分が今一番欲しいタイプのお雛様を想像し、まずは文鳥バージョンを作ってみました。

1セット限定の文鳥張り子雛。

販売詳細は制作ブログをご覧くださいませ。

buncyouharikobina2018tw.jpg

2018年もよろしくお願いいたします

明けましておめでとうございます。

御所車乱子、昨年18歳から一気に108歳に老け込みました。

2018年になって14日が経過。

108歳にもなると日々の過ぎ行くスピードが高速から光速になるのですね。

やらなければならないこととやりたいことのおしくらまんじゅう状態です。

お陰様で我が家のトリ共はすこぶる元気にしております。

20170114hinomaru.jpg

20180114yomogi.jpg

そしてこの頃のわたくしは裾つぼまりのズボンを好んで履いておりましたところ、仕事場で

「御所車さんのそれはモンペ?」

と衝撃のお言葉を頂戴しました。

※ちなみにこのコートは20年ほど前に父ロドリゲスに買ってもらったお気に入りのコートです。

ranko201801.jpg

仕事場で数年間続いた暗黒時代から抜け出せたものの、救世主のボスが優秀過ぎて凡人の感覚がわからないのでしょう、

108年もの間あまり使ってこなかったアタマがショート寸前です。

御所車 乱子108歳、闘い済んで荷が増えて。


最上級

ご無沙汰しております。
父ロドリゲスからブログはもうやめたのか、とジャブを入れられました、御所車乱子108歳です。

お陰様でひのまるもよもぎも、すこぶる元気でやっております。

DSC_3603blog.jpg

なんのお遊びなのか、ひのまるはこの頃フンキリ網をガリガリするクセがついてしまい、一時的にはずしております。
HOEI465用のステンレスフンきり網を探しているところです。

DSC_3601blog.jpg

よもぎはいつどこで覚えたのか、「あっぽぅ」と私を呼ぶようになりました。

アップルではなく、「アホの最上級」ではないかと。

よも嫁しかいない時や、小鳥のお宿に預けている際は一切言わないらしいのです。

リビングに私が来るまで「あっぽぅ、あーっぽぅ、あぽぅ」と変化をつけながら叫び続け、

根負けしてよもぎの前に立つと、意味ありげに1秒ほど私を見つめ、「あっぽぅ」と呟きます。