FC2ブログ

ヤドヤド

明けましておめでとうございます。

案の定、フォルモサへの旅の日記が完結することなく新年を迎えてしまいました。

昨年12月はただでさえ予定みっちみちだった上にいくつかの事件も起こり、もうそれがなんだったかも覚えていないくらい忙殺されていました。

さて。

そんな昨年師走もそろそろ終わろうという頃。

我が家に家族が増えました。

貝殻だと思っていたベニシリダカを、8日ぶりにスーツケースから取り出してみると、何か違和感が。

別に動いているわけでもなかったのですが、乱子の何かがそれを察知したのでしょう。

貝殻に耳を当ててみます。

何も音はしません。

でも貝の開口部から奥まで除くと、拾った時にはなかったわずかな汚れを発見。

まさか、と思い水をかけ、シンクに置いてしばらくすると。

ぷちぷち、ぷちぷち、と音がしてきました。

うわあ、これは絶対にいる。

海棲生物の飼い方などまるで知りませんので、とにかくガラスボウルの中へ家にあったサンゴ石やらサンゴのかけらその他を放り込み、

たしかあの海はこんなしょっぱさだったな、と味見しながら塩水を作りました。(雑!!!)

49388091_2205792033081710_1676778970642644992_n.jpg

今から思えばカルキも抜いていない水道水に目分量の塩を入れただけの小さなボウルに放り込むなんて、乱暴すぎますが知らなかったので許してください。

放り込んだ途端に、出てきたのがこれ。

48379954_2205809579746622_1708704781108772864_o.jpg

ヤドカリです。(海に棲んでいるほう)

8日間、カラッカラに乾いた真っ暗で寒いスーツケースの中にいてよく生きてましたよ。

しばらくはボウルの中をチェックするように歩き回っていましたが、そのうち貝に潜ったまま出てこなくなりました。

48416290_2205815303079383_8770188365048840192_n.jpg

心配で某SNSでつぶやくと、「ガチで飼うなら人工海水で!」 とその道のプロからのメッセージ。

苦手な車の運転をしてペットショップへ行き、最低限必要なモノを揃え人工海水なるものを台所で作っていると。

49024020_2205838409743739_3331435410852151296_o.jpg

めっちゃ出てきています。このあと、ピクリとも動かなくなり、脚を触りまくっても引っ込まなくなったので、

そうか、君はもう死んでしまったのか、と涙しました。

せめて最期は人工とはいえ海水の中で、とそれでも水槽の準備をし、掴んだまま離さなかったサンゴ石と一緒に中に入れました。

すると。

動きました!

感激してしばらく眺めていると、飾り用にと入れてあったかなり大きめの磨きベニシリダカを点検するように脚で触り、
周囲を回り、登り・・・

49409591_2206501506344096_1655653886234460160_n.jpg

ひっくり返したなあ、と思った瞬間。

48930674_2206501496344097_30512860715024384_n.jpg

引っ越してました。(引っ越しの瞬間はあまりに速く、撮影できず)

49452280_2210409115953335_6410648772757422080_n.jpg

それにしてもちょっと大きすぎやしませんか。

左が元のおうち。右が新しいおうち。

49822966_2212922515701995_2392136873649635328_o.jpg

それでも数日間はおっきなおうちでガサゴソやっていましたが、やはり動きづらいと考え直したのか。

戻っていました。

軽やかな動きです。

49848545_2212922662368647_2849969624215191552_o.jpg

少しずつですが海棲ヤドカリの飼育について調べ、環境も改善しつつあります。

比重やら塩水濃度やら水温やら水質やらの管理で、苦手な計算その他をたくさんしなければならずお脳が沸騰寸前です。

49821618_2212912122369701_6186064885604941824_o.jpg

というわけで、皆さんはじめまして。

青い瞳が魅力。サンゴヨコバサミのヤドヤドです。

50269996_2212927472368166_766115787856412672_o.jpg

御所車乱子1800歳、ヤドカリ騒ぎで年が明け。
スポンサーサイト

父と母と子と

こんにちは。
御所車乱子です。

吉田さんのお孫さんが、とうとうよその動物園に行ってしまうということで、
閉園間際に慌てて聖地に行ってきました。

お父さんは、相変わらずかっこいい。

DSC_5390.jpg

DSC_5400.jpg

お母さんは、しばらく見ないうちにずいぶん貫禄が出てきました。

DSC_5472.jpg

すっくと立ちあがるお母さん。私より姿勢がいい・・・

DSC_5404.jpg

吉田さんのお孫さん。

DSC_5417.jpg

帰れコール(ホタルの光)が流れる中、お母さんと息子は姿は見えずとも鉄の扉を隔てて二人して寄り添い、
おでこと掌を扉にくっつけあっていました。

夫と、うわあ、辛い・・・と言いながら屋内展示場を後にしたらば、

カリスマ飼育員本田さまご降臨。

さっきまで泣きそうだったのに、ニヤつきながら束の間お話させてもらいましたよ。

開園時間の短縮やら、私のお仕事その他もろもろでなかなか平日閉園間際に行けなくなり残念ですが、
また空いてそうな大雨、台風、吹雪なんかのときに通おうかと思っています。

でももう殆ど知らない飼育員さんたちなんだろうなあ。

フォルモサへの旅 2018 ⑧

正直、そのなんとも言えない熱気と人いきれに、夜市は地上だけで充分な乱子でした。

が。

よも嫁はせっかく来たのだからと地下へも行きたがります。

その名も美食區。

P1110173_201810021605168b1.jpg

地上の屋台とは違って、テーブルに椅子、トイレもあるということで大人気のようです。

IMGP0882_201810021605597d2.jpg

P1110176.jpg

とにかくエビを推してきます。

IMGP0881_20181002160557104.jpg

歩いていると、やはり日本語で、

タベテクー?

と呼び込まれそうになりますが、この頃になると私もよも嫁も、正しいトリ飼いmaruさんの「命のリンゴ」の話が頭をよぎって仕方ありませんでした。

鼎泰豊で食べたお料理は、それはそれは優しいお味だったけれど、ここはどうやら様子が違いそう。

フォルモサ料理というよりは、もしかしてゴリゴリの中華料理に近いかも。

とすれば、地震騒ぎでただでさえ弱っていた胃腸が悲鳴ところか雄叫びをあげるんじゃない?

そんな不安を抱えながら、それでもせっかくの美食區、メニューを眺めて自分を鼓舞させようと試みます。

牡蠣オムレ

P1110180.jpg

マーラー アヒルの血

P1110179.jpg

パンエビ

IMGP0886_20181002160603d7a.jpg

胡麻油フライウエスト内臓

IMGP0888_20181002160619f22.jpg

カタツムリ

IMGP0887_20181002160618dbc.jpg

翻訳が乱暴すぎ。

よも嫁を見ると、もはや食べることより、メニューを撮ることに目的がシフトしている様子。

IMGP0885_20181002160602a31.jpg

ずらりと並んでいるのは、見本なのか。

得体の知れない何かですが、よも嫁は、

「竹に挟んだハマグリ」だと勘違いしたようです。
翌日、お外に生えている竹を見て、

これだけ生えていたら挟むよね

と言うので何のことかと思ったらコレか。

IMGP0883_20181002160600514.jpg

調べてみると、マテガイと言って、日本でも食べる地域があるのですね。

もう1周すれば気持ちが変わるかも、と2周目に突入したのですが結局そのまま地上へ戻り、明日に備えてホテルへ戻ることになりました。

中山駅に着く頃にはようやく小腹が空き、

モスバーガーに入りました。

日本にはないメニュー、バタフライシュリンプとハッシュポテト、トロピカルフルーツの蒟蒻ドリンクをテイクアウト。

ホテルに戻って台湾ビールで乾杯。美味でしたー。

つづく。

フォルモサへの旅 2018 ⑦

鼎泰豊で舌鼓を打ち、ご機嫌で夜市へ向かいます。
中山駅からレッドラインで士林駅へ。

metromap03.jpg

台北最大の規模を誇る「士林(シーリン)観光夜市」。

IMGP0875_20181002133521e0b.jpg

のっけからザワザワさせてくれます。

だって「快楽QQ球」ですよ。

IMGP0873qq.jpg

エビ釣り。

釣ったエビはその場で食べられるという、エビ側にとっては命がけの闘いのやつ。

IMGP0878_2018100213352401d.jpg

こうして幼き頃から人生の厳しさを叩き込まれるのですね。

この士林夜市。縁日の屋台の規模を大きくしたような感じで、ダーツやくじびき、オモチャなんかが売られています。

そんな中で目を引いたのが麻雀対決。
ルールが変わっていて、1対1でやるという。

IMGP0890_20181002134445840.jpg

よも嫁は麻雀ができるので、しばらく対決を眺めていました。

IMGP0893_20181002134447ba7.jpg

ところで。

歩いていると、そこかしこから日本語で話しかけられます。

マッテー、アソンデー、ニカイ、サービスー

大陸の方からも観光客がたくさん来ている中、どうして日本人だとバレるのでしょう。

と、思いきや、ちょっと目を離したスキに一人でどこかに行っていたよも嫁が複雑な表情でやってきて言いました。

なんか、一人で歩いた途端に「アンニョン〜」って挨拶されたよ

日本で空前の韓流ブームが巻き起こっていた時に「韓流王子」と呼ばれていたのは伊達じゃあなかったのです。

ほどなくして、なにやら突然立派な廟が現れました。

IMGP0895_20181002135951780.jpg

狛犬が大きい。身長3メートルのよも嫁と並んでもこうです。

IMGP0909_201810021400306aa.jpg

ノーチェックだったのですが、こちらは「士林慈諴宮」。
そもそも士林夜市は慈誠宮に参拝に訪れる人たち向けの屋台が始まりなんだとか。

P1110181.jpg

中に入ると日本のそれとはあまりに違うその雰囲気に圧倒されます。

IMGP0902_20181002135956489.jpg

この廟は1700年代に建てられ、その後、火災で焼失。
現在の建物は1800年代に建てられたものが元になっています。
台湾の国家三級古墳に指定されている歴史的な建物のひとつ。

P1110186.jpg

P1110188.jpg

道教の航海・漁業の神様、天上聖母(媽祖:まそ)です。

P1110190.jpg

よも嫁が怖い怖いと言っていた方たち。閻魔様なの?

P1110195.jpg

テレビで見たことのあるおみくじが。

IMGP0906_20181002140030788.jpg

フォルモサのおみくじの引き方は独特です。

壺の隣に写っている赤い箸置き(失礼)のようなものを使って、

まず「おみくじを引いてよいかどうか」を神様にお尋ねします。

両手で一対の箸置き(だから失礼!でも名前がわからないので以下箸置き)をはさみ、心の中で自分の名前、住所、生年月日を告げた上で、願い事をし・・・

箸置きを床へ落として、表と裏がでればおみくじを引いてよし。

表表や、裏裏だと、また両手で一対の箸置きをはさみ・・・からやり直しです。

おみくじひとつ、楽に引かせてはくれません。

もし運良く表と裏がでたら、次は竹の棒をまとめて持ち上げ、ストンと落としたとき、一番高い位置にある棒を取って、番号を確認。

なんと今度は「この番号のおみくじで本当に合っているかどうか」を神様に訊かねばなりません。

方法は箸置きを使ったさきほどと同じですが、3回連続で表裏にならなければいけない鬼ルールです。

万が一、表表や裏裏が出てしまったら、一番最初の「両手で一対の箸置きをはさみ、心の中で自分の名前〜」からやり直しです。

おみくじを引いていいかの段階でさえ延々と表表や裏裏しか出ず、

どうか表裏で出ますように!

と願い違いになった挙げ句にやっと引けたかと思ったら今度は神様に

その番号ではだめじゃ

とか言われたらもうどうでもよくなりそうです。


つづく ( え? まだ1日目も終わらないの?)

フォルモサへの旅 2018 ⑥

到着した夜はあまり時間もないので、ホテルからすぐのところにある三越の鼎泰豊で小籠包を食べようと計画していました。

王道が、安心なのです。

案の定お店の前はものすごい行列で、店員さんも職人さんもものすごい手際の良さで働いていました。

IMGP0859_2018100211521187a.jpg

親切な日本人の方が、整理券をもらって並び、順番が来ると電光掲示板にその番号が表示されると教えてくれました。

P1110167_20181002115213058.jpg

順番までの時間は、デパ地下内をうろつきます。

地震の影響で物流がストップし、北の大地では納豆やパンなどが手に入らなかったので、普段ならスルーするポイントに食いつき気味になります。

IMGP0857_20181002115709999.jpg

IMGP0860_20181002115713b7c.jpg

穴が開けられ、ストロー付きで売っているココナッツ。買って飲んでみればよかった。

IMGP0854_20181002115710190.jpg

ヒカマ。和名はクズイモ(葛芋)。日本では滅多に流通しないそうです。沖縄ではたまにあるそうな。

IMGP0856_20181002115711ffd.jpg

日本語表記は読めるけど書けない方の漢字が時々混ざります。

IMGP0866_201810021157149e0.jpg

順番が来たので席につきます。

あと少し待てば、小籠包がいただける。

P1110171_201810021152166c4.jpg

ご丁寧に食べ方の説明までありました。

P1110170_201810021152147ac.jpg

移動中から数えてもう何杯目のビールかわかりません。

特にこちらのビールは、すっきり爽やか上善如水という具合なので、スルッスル飲めてしまいます。

おつまみは乱子が前世から大好物のメンマです。

IMGP0869_20181002115237f5b.jpg

よも嫁はなぜそんな草のようなものを、と乗り気ではありませんでしたが、こっちに来たら絶対に食べようと思っていた空芯菜。
酸辣湯も追加です。

IMGP0872_20181002115240bc9.jpg

空芯菜はやっぱり美味。酸辣湯はもうちょっと酸っぱいのが好みです。

そして待ちに待った。これ。

IMGP0870_2018100211523954f.jpg

いやあ。美味い。

もう20個くらい追加注文したかったくらいですが、このあと予定している夜市で何か食べるかもね、ということでおあずけに。

今思うと、ここでもう20個小籠包を食べておくべきでした。

つづく。(飽きた?)












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。